高原のフーダニット 徳間文庫

有栖川有栖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198939069
ISBN 10 : 4198939063
フォーマット
出版社
発行年月
2014年11月
日本
追加情報
:
326p;15

内容詳細

「先生の声が聞きたくて」気だるい日曜日、さしたる知り合いでもない男の電話。それが臨床犯罪学者・火村英生を血塗られた殺人現場へいざなう一報だった。双子の弟を殺めました、男は呻くように言った。明日自首します、とも。翌日、風薫る兵庫の高原で死体が発見された。弟と、そして当の兄の撲殺体までも…。華麗な推理で犯人に迫る二篇に加え、話題の異色作「ミステリ夢十夜」を収録!

【著者紹介】
有栖川有栖 : 1959年大阪府生まれ。同志社大学法学部卒業。89年『月光ゲーム』で鮮烈なデビューを果たし、2003年『マレー鉄道の謎』で日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で本格ミステリ大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 純 さん

    表題作で双子のトリックを深読みしてしまった(^_^;)双子を使ったトリックも面白そうだ……。ミステリーを読むと、あっと驚くオチを求めてしまってる自分がいる。

  • あっこ さん

    短〜中編2作と異色のミステリ夢十夜で構成された本作。表題作に関しては、内容より火村のいつもと違った面が見れたのがよかった。真相はえ?それなん?という感じではあったけど。お気に入りは「ミステリ夢十夜」。作者のパッと思いついたアイデア削り出しのようなSSが10編。遊び心が効いてて作家アリスがもっと好きになった(笑)。『大至急きてください。火村先生もそちらに向かっているところです。場所は、うらなり町四丁目六の三。463のダブルプレイと覚えてください』で、なんか噴いた(笑)

  • まる さん

    フーダニットってそういう意味なんですね、初めて聞きました。「夢十夜」はかなりの異色でしたが私は結構好きでした。短いページの中で、小説にはなりにくいのかもしれないトリックのみがどんと出てくるような感じで、軽い気持ちで読めました。夢の中だからいやいやそれはないだろというツッコミも受け付けないところがまた。雪山の話はホラーが苦手な私に新たな視点を与えてくれて感謝しています。そういう可能性もあるよね。それから精神科の話が、夢の中とはいえ、アリスが納得して終わることにぞっとしました。全体通して、面白かったです。

  • rio さん

    3つの短編集からなる作家アリスシリーズ第20弾。相変わらず主人公二人の掛け合いが良かったです。「オノコロ島ラプソディ」はトリックの大胆さに驚かされたことと、火村先生を追ってはるばる洲本まで出かけるアリスが微笑ましかったです。「夢十夜」はショートショート風であり、短い中にハッとする仕掛けが施されているところに面白みを感じました。「高原のフーダニット」は長閑な雰囲気と殺人事件の対比が強調され、情景の壮大さが印象的な作品でした。

  • HANA さん

    作家アリスシリーズ。中編三編を収録。「ミステリ夢十夜」は別として、残り二編は××××かと思いきや、関係ない所から攻められた。冒頭の「オノコロ島ラプソディ」は馴染み深い所だったので、これが一番印象に残っている。ラストは論理の力技というか、トンデモというかだけど。あの観音ってまだあるのかなあ。表題作はそこから犯人を導くかという意外性の方が楽しめた。解決法が一見アレかと思いきや、××みたいなものだったとは。「ミステリ夢十夜」は何というか、著者自身が楽しんで書いてるのが伝わってきそう。こちらも楽しんで読めたけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有栖川有栖

1959年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。’89年に『月光ゲーム』で鮮烈なデビューを飾り、以降「新本格」ミステリムーブメントの最前線を走りつづけている。2003年に『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、’08年に『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞、’1

プロフィール詳細へ

有栖川有栖に関連するトピックス

  • 人間の謎を有栖川有栖が解く 火村英生シリーズ、13年ぶりの書き下ろし。人間の謎を、人生の真実で射抜いた、有栖川有栖による傑作長編ミステリ『鍵の掛... HMV&BOOKS online|2015年10月14日 (水) 18:59
    人間の謎を有栖川有栖が解く

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品