長い廊下がある家 光文社文庫

有栖川有栖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784334765910
ISBN 10 : 4334765912
フォーマット
出版社
発行年月
2013年07月
日本
追加情報
:
312p;16

内容詳細

限界集落を調べていた学生が、山奥の廃村に辿り着いた。そこで彼は「幽霊の出る家」を取材する三人の男女と出会う。地下に別の家と繋がるトンネル状の長い廊下が。中央には扉があり、その西側で死体が発見された。容疑がかかる三人は犯行時刻、東側の家にいて、鍵のかかった西側には行けない。臨床犯罪学者・火村英生がトリックを華麗に暴く!表題作ほか全4編。

【著者紹介】
有栖川有栖 : 1959年大阪府生まれ。’89年、『月光ゲーム』でデビュー。2003年、『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞を受賞。’08年、『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞を受賞。現代本格ミステリの代表的な書き手として、多くの読者を獲得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 純 さん

    面白かった♪「長い廊下がある家」はトリックを考えるのが楽しかった。結局当たらなかったけど……。「天空の眼」は、アリスが小説のネタをつかみ損ねたことに笑った。そして、何と言っても「ロジカル・デスゲーム」ドラマとは比べものにならないぐらい、面白かった!!やっぱり原作がいい!

  • ヒロユキ さん

    表第作『長い廊下のある家』は他にも色々なトリックができそうなシチュエーション。自分で違う可能性を考えてみるのも楽しいかも。『天空の眼』でアリスがせっかく活躍したのに、次の『ロジカル・デスゲーム』のヒリヒリした展開で結局火村先生にいいところを持っていかれちゃいましたね(笑)確率の問題は元ネタを以前から知っていたのですが、それでも十分に面白かったです。

  • がたやぴん さん

    四編が収録されている。読者への挑戦がなくても新本格ミステリ作家の作品だと張り合う自分がいます。表題作のトリックとロジカルデスゲームは火村と対等に推理できた。有栖が活躍する話とは相性が悪いようで負けっぱなしだ。残りの一作は、少しだけ悲しい物語に思えた。初期の作品に比べ、王道からは離れてきたが登場人物の魅力は増している。それだけに読了後には毎回、火村が活躍するガチガチの本格長編をどうしても読みたいと感じる。離島、館、連続 、密室。全て盛り込んだようなのが読みたいよー。

  • ソラ さん

    安定の火村准教授のシリーズ。今回は結構作家アリスが頑張ってた気がする。天空の眼は自力で解けたわけだし

  • Moemi さん

    作家アリスシリーズの短編集。単行本で既読ですが、文庫本版を買ったので再読です。読み応えのある短編が多いですが、『暗い宿』に収録されている「201号室の災厄」のように火村先生がひどい目に遭うお話がなぜか好きなので、「ロジカル・デスゲーム」が一番好きです。事件後に雲隠れした三重県の小島って『乱鴉の島』に出てきた島のことですかね?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有栖川有栖

1959年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。’89年に『月光ゲーム』で鮮烈なデビューを飾り、以降「新本格」ミステリムーブメントの最前線を走りつづけている。2003年に『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、’08年に『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞、’1

プロフィール詳細へ

有栖川有栖に関連するトピックス

  • 人間の謎を有栖川有栖が解く 火村英生シリーズ、13年ぶりの書き下ろし。人間の謎を、人生の真実で射抜いた、有栖川有栖による傑作長編ミステリ『鍵の掛... HMV&BOOKS online|2015年10月14日 (水) 18:59
    人間の謎を有栖川有栖が解く

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品