鍵のかかった男 幻冬舎文庫

有栖川有栖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344426511
ISBN 10 : 4344426517
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
追加情報
:
736p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かみぶくろ さん

    ホテルで変死した男の死因を探るため、その男の来し方を探っていく渋めのミステリー。700ページは正直長く、テンポが良いとも思えないが、丁寧にじっくりと一人の男の鍵の掛かった人生を開いていくのはある種の感慨があった。そもそもシリーズものらしく、いきなり本作から入ってしまったため、火村先生が登場した時の興奮がなかったのが残念。

  • takaC さん

    思ったより早く文庫が出たな。2年も経ってないような気がする。依然として無駄に長いという印象は強い。文庫なのに千円もすると思うとなおさら。

  • papako さん

    火村&アリスシリーズ。この本が気になってシリーズ読んだと言っても過言ではない。期待通り楽しめた!まさに『人の世は危うく残酷で出鱈目で得体が知れない』というお話でした。しかし火村が登場してからラストの推理はなんだか捏ねくり回した感じで好きじゃない。アリスが独りで『梨田稔』の真実を探っている間がすごくいい。アリスの人嫌いで人に興味津々なところが存分に発揮されている。しかし、あらすじとはちょっと違う印象だな。梨田の過去から現在までの間に大きな断層がある。そこが描かれていないのはもったいない。でも面白かった!

  • HANA さん

    大阪中之島のホテルで一人の男が縊死した。自殺か他殺か、火村と有栖川がその謎に挑む。今までのトリック中心の作品とは趣が違い、捜査の対象となるのは男の知られざる過去。前半担当するのは有栖川でこちらは足の探偵、後半は火村の快刀乱麻を楽しむ事ができる。本作はその性質の為か、回答よりも捜査の方が面白く特に有栖川パートの男の過去が一枚一枚ベールを剥がすように明らかになっていくのは圧巻。ミステリを貶す言葉に「人間が書けていない」というものがあった。本作はそんな自称人間が書けている文学に対する見事なアンチテーゼであった。

  • 純 さん

    今回の被害者は、5年間も同じホテルに滞在しているのに誰もその正体を知らない男、正に「鍵の掛かった男」だった。被害者の名前が千百五十八回も連呼される(笑)という、ミステリではなかなかない設定。その鍵が少しずつ開けられていく展開から目が離せなかった!文庫で731ページという長さだけど、読み始めるとあっという間だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有栖川有栖

1959年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。’89年に『月光ゲーム』で鮮烈なデビューを飾り、以降「新本格」ミステリムーブメントの最前線を走りつづけている。2003年に『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、’08年に『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞、’1

プロフィール詳細へ

有栖川有栖に関連するトピックス

  • 人間の謎を有栖川有栖が解く 火村英生シリーズ、13年ぶりの書き下ろし。人間の謎を、人生の真実で射抜いた、有栖川有栖による傑作長編ミステリ『鍵の掛... HMV&BOOKS online|2015年10月14日 (水) 18:59
    人間の謎を有栖川有栖が解く

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品