濱地健三郎の幽たる事件簿

有栖川有栖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041094211
ISBN 10 : 4041094216
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
追加情報
:
304p;20

内容詳細

年齢不詳の探偵・濱地健三郎には、鋭い推理力だけでなく、幽霊を視る能力がある。新宿にある彼の事務所には、奇妙な現象に悩む依頼人のみならず、警視庁捜査一課の強面刑事も秘かに足を運ぶほどだ。助手の志摩ユリエは、得技を活かして、探偵が視たモノの特徴を絵に描きとめていく―。郊外で猫と2人暮らしをしていた姉の失踪の謎と、弟が見た奇妙な光景が意外な形でつながる(「姉は何処」)。資産家が溺死した事件の犯人は、若き妻か、懐具合が悪い弟か?人間の哀しい性が炙り出される(「浴槽の花婿」)など、驚きと謀みに満ちた7篇を収録。ミステリの名手が、満を持して生み出した名探偵。待望のシリーズ、第2弾!

【著者紹介】
有栖川有栖 : 1959年生まれ。大阪府出身。同志社大学法学部卒。89年『月光ゲーム』で作家デビュー。書店勤務を続けながら創作活動を行い、94年作家専業となる。2003年『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、08年『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞を受賞。推理作家・有栖川有栖と犯罪学者・火村英生のコンビが活躍する「火村英生(作家アリス)シリーズ」は、開始後28年となる今も人気を誇り、18年に第3回吉川英治文庫賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 紅はこべ さん

    叡二くんは勿論ユリエの身の危険を案じているだろうけど、無意識に濱地との関係に嫉妬を感じているような気もする。ボスへの傾倒ぶりは確かに恋人未満としては不安かも 。濱地の年齢不詳さを毎回強調するのに飽きた。

  • ちょろこ さん

    シリーズ第二弾、の一冊。心霊現象を調査し解決に導く心霊探偵の事件簿。喧騒とは一切無縁。濱地探偵の静かな佇まい、物言い、依頼人に対しての接し方、解決への導き方、助手との距離感、どれをとっても好感しか持ち得ない。そして今作も何度もゾクッとさせられ大満足。どれも良かったけれど「ホームに佇む」「饒舌な依頼人」が特に好き。怪異、恐怖を感じさせながらもきちんとせつなさを盛り込ませて濱地探偵の優しさで包み込む、そんな事件の終息、余韻が最高だった。どんどん魅力が増してくる気がしてならない心霊探偵さん、さらなる続編を希望。

  • 中原れい さん

    好きなシリーズ、続いてて嬉しかった!年齢不詳の濱地さんはキャラ崩れることなく、ユリエさんは短い期間で慣れて成長し、そこそこ良いパートナーに。(そこそこがポイントでピッタリになることはそこまでは辛いだろうと濱地さんが嫌がってるふうあり)物語のではない実際の探偵らしい地道な調査ものからホラーバトルものまで、今回も作風の幅あり、飽きずに面白かった。「ミステリー研究会の幽霊」の緊張感はあるけど優しい味わいが特に良い。

  • ままこ 🍁 さん

    シリーズ2作目。心霊とミステリ。両方がしっくり馴染んでさらに面白くなってる。不思議で優しい結末の「ホームに佇む」と「饒舌な依頼人」切ないけど温かみがあって良かった。「浴槽の花嫁」予想外の心理。ああいう状況に心霊が絡むとこうなるのか。「お家がだんだん遠くなる」「それは叫ぶ」陰湿で理不尽な恐ろしさは人も化け物にも共通していて心底怖い。7つの不可解な事件はバラエティに飛んでいてどれも楽しめた。ダンディな濱地健三郎の活躍にますます期待大。

  • aquamarine さん

    シリーズ二作目。あとがきによると怪談とミステリの境界線として書かれたものらしいが、一作目よりミステリ色は薄く、連載が怪談専門誌ということもあり怪談に分類してもいいのではないかと思う。心霊探偵に持ち込まれた現象も今回の方が理不尽に怖いものがあったり、後味が苦かったりする。特に最終話は強烈だった。年齢不詳の探偵は相変わらず2階に事務所を構え、階段を上がってくる依頼人を待つスタイルにやっぱりちょっと嬉しくなる。そしてこういう怪談でもやっぱり作者の文章の美しさに酔うのだ。…探偵の初登場作「幻坂」読んでなかった…

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有栖川有栖

1959年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。’89年に『月光ゲーム』で鮮烈なデビューを飾り、以降「新本格」ミステリムーブメントの最前線を走りつづけている。2003年に『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、’08年に『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞、’1

プロフィール詳細へ

有栖川有栖に関連するトピックス

  • 人間の謎を有栖川有栖が解く 火村英生シリーズ、13年ぶりの書き下ろし。人間の謎を、人生の真実で射抜いた、有栖川有栖による傑作長編ミステリ『鍵の掛... HMV&BOOKS online|2015年10月14日 (水) 18:59
    人間の謎を有栖川有栖が解く

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品