月光ゲーム 創元推理文庫

有栖川有栖

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488414016
ISBN 10 : 448841401X
フォーマット
出版社
発行年月
1994年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,361p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • W-G さん

    かなり久しぶりに読み直した。新本格第一世代のデビュー当時の作品は、帯のセールス文句にあるように、もはや古典。当初の新本格は、多分に青春小説の側面も持ち合わせており、特に有栖川氏の学生アリスシリーズは色濃く、再読の際には当時の自分の姿がフラッシュバックするようなノスタルジィがあるのが良い。ロジック面では、一人の証言だけで事実を確定させてしまう事があり、ソコが気になると言えば気になるが、クローズドサークルでそんなに都合よく証言を補完しあえる方が不自然なので、これくらいが丁度良い案配なのだろう。面白い。

  • Tetchy さん

    デビュー作における有栖川氏の非凡さが大いに引き立った。また内容も題名に「ゲーム」の名を冠しながらも、単なるパズルゲームに終始していない。総勢17名の登場人物はそれぞれ個性を発揮して単なる駒に終わっていないし、殺人事件が起こることに対する登場人物らが抱く心情も丹念に叙述し、読者の共感を促している。山の噴火を単純に奇抜なクローズド・サークルに設定しただけでなく、事件の真相に大いに寄与させているのが技巧の冴えを感じた。真相は納得の範疇。

  • 勇波 さん

    初有栖川作品です。。「双頭の悪魔」が読みたくてまずはここからです。この作品が出てから20年以上経ってるんですね〜。火山の噴火のもと、こちらが恥ずかしくなるような若者の緊迫感のない会話が炸裂です。これも「新本格」と言われた所以でしょうか?もちろん嫌いではありません★

  • nobby さん

    学生アリス1作目。デビュー長編にして、クローズドサークル物・ダイイングメッセージと本格ミステリ。何よりは登場人物多い!あだ名で呼びあうこともあり、その把握に四苦八苦…結構影薄い人や似た名前も多く…どんどん読み進めたが、どちらかというと火山の噴火から逃れるスリル感がたっぷり(笑)それにしても、たまたまキャンプで一緒になった男女の数日間がその動機を生むのにはちょっと違和感。

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    学生アリスその1。デビュー作。クローズドサークルの王道モノ。登場人物の多さと犯人の動機が弱く感じたが、とても楽しめた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有栖川有栖

1959年大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。’89年に『月光ゲーム』で鮮烈なデビューを飾り、以降「新本格」ミステリムーブメントの最前線を走りつづけている。2003年に『マレー鉄道の謎』で第56回日本推理作家協会賞、’08年に『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞、’1

プロフィール詳細へ

有栖川有栖に関連するトピックス

  • 人間の謎を有栖川有栖が解く 火村英生シリーズ、13年ぶりの書き下ろし。人間の謎を、人生の真実で射抜いた、有栖川有栖による傑作長編ミステリ『鍵の掛... HMV&BOOKS online|2015年10月14日 (水) 18:59
    人間の謎を有栖川有栖が解く

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品