旅猫リポート 講談社文庫

有川浩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062935616
ISBN 10 : 4062935619
フォーマット
出版社
発行年月
2017年02月
日本
追加情報
:
328p;15

内容詳細

野良猫のナナは、瀕死の自分を助けてくれたサトルと暮らし始めた。それから五年が経ち、ある事情からサトルはナナを手離すことに。『僕の猫をもらってくれませんか?』一人と一匹は銀色のワゴンで“最後の旅”に出る。懐かしい人々や美しい風景に出会ううちに明かされる、サトルの秘密とは。永遠の絆を描くロードノベル。

【著者紹介】
有川浩 : 高知県生まれ。2004年、『塩の街』でデビュー。映像化された作品も多い一方、演劇ユニット“スカイロケット”を結成、演劇界へも挑戦の幅を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    猫と青年がワゴン車で旅するロードノベル。青年が旅先で出会った友人たちを描く、連作小説の要素も兼ね備えている。青年は飼い猫を引き取ってもらおうと旅をしているわけで、なぜに猫を手放さねばならないのか?伏せたカードのようになかなか明かされない。各話で回想のように青年の過去が語られたり、事情をなんとなく察したころにはもう終盤。奇麗に畳み込んで物語は終わる。興味が持続するし、情動を刺激する手段としても良くできた構成。シリアスな要素が強い内容ではあるが、猫による猫目線での語りの挿入がユーモラスで上手く中和してくれる。

  • yoshida さん

    【猫と読書】イベントで読了。悟と猫のナナ。仲良く暮らす彼らは、事情により離れる。悟とナナは、ナナを引き取ってくれる悟の友人達を訪ねてゆく。明らかになる悟の過去と、悟がナナと暮らせなくなる理由。私が今まで一緒に暮らしてきた猫たちの、柔らかさ、ひだまりの様な暖かさ、散歩や狩りで帯びてくる彼らと外の匂いを思い出した。悟が良い人すぎて、過酷な運命に哀しくなります。それでも悟には沢山の想い出がある。私には人の一生を幸せかどうか断じる権利はない。しかし悟の一生は豊かな人生と確信できる。沢山の素敵な想い出があるからだ。

  • SJW さん

    立て続けに有川さんの作品を2冊読みました。ドラマは見ていたのですが作品の分類が違っていて、同じ作者かと少し驚きましたが、実に素晴らしい作品を書かれていますね。ファンになってしまいました。 元野良猫ナナと飼い主の悟がとある理由から新しい飼い主を探す旅のお話。最後の4分の1は電車やオフィスで読むのは厳禁です。知らずにオフィスで昼休みに読んでしまってボロボロになってしまった。 ナナが語る部分は猫の気持ちがとても共感できて猫好きにはたまらなく、悟の気持ちの優しさには心が暖まりました。

  • ユーさん さん

    なぜ、飼い猫と一緒に旅に出るのか?転校した数だけ思い出があり、友人が存在する。飼い主の人柄が最初から最後までぶれずに書かれています。転々としているのに、「心」が伝わり慕われる存在。友人にも猫にも。小説の中ですが、人として尊敬します。

  • Δ さん

    動物の気持ちは正直分からない。ウチにも聞き分けが良いようで、そうでもないワガママ(のように思える)犬がいる。縁あって我が家にやってきたけれど、ヤツにこちらを選ぶ権利はなかったわけで…。もっともっと素敵な生活が待っていたかもしれないのに、私に選ばれてしまったわけで…。一緒に生活を始めて1年半、どう思ってるんだろうか。そう言えば先代が亡くなった時、「君は幸せだったのか」って何度も聞いたけど、さすがに返事は無かった。今ごろあの雲の上からこっちを見てるんだろう。もうすぐそっちに行くから待ってて、また遊ぼう…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有川浩

高知県生まれ。2004年『塩の街』で電撃小説大賞大賞を受賞しデビュー

プロフィール詳細へ

有川浩に関連するトピックス

  • 映画『旅猫リポート』10月26日(金)全国ロードショー さあ行こう!これは僕らの最後の旅だ―。 心優しき青年・悟とツンデレな猫・ナナ。1人と1匹の忘れられない旅が始まる―。 有川浩のベストセラー小説『旅猫リポート』を映画化、出演:福士蒼汰、高畑充希(声)。 HMV&BOOKS online|2018年10月24日(水)
  • 福士蒼汰主演、映画「旅猫リポート」原作文庫 有川浩作品の中でも1、2位を争う名作がついに映画に。猫のナナの心の声は、高畑充希が担当。10/26公開。 HMV&BOOKS online|2018年10月24日(水)
  • 【映像化多数】有川浩おすすめ本 「図書館戦争」シリーズはじめ「フリーター、家を買う」「植物図鑑」「空飛ぶ広報室」など映像化多数の有川浩のおすすめ本をご紹介。 HMV&BOOKS online|2017年8月31日(木)
  • 人気作家、有川浩のエッセンスを味わう 日々のあれこれ、創作の裏側、愛する本や映画や、ふるさと高知のことなどを有川浩が綴った『倒れるときは前のめり』。小説「ゆず、香る」「彼の本棚」も特別収録したファン必読の一冊。 HMV&BOOKS online|2016年1月27日(水)

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品