イマジン?

有川浩 (有川ひろ)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344035614
ISBN 10 : 4344035615
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
395p;20

内容詳細

想像力は、あるかい?

憧れの映像制作の現場に飛び込んだ、良井良助(27歳)。
聞き慣れない業界用語が飛び交う現場に戸惑う日々だが、
そこは現実と物語を繋げる、魔法の世界だった。

「必死で知恵絞って想像すんのが俺たちの仕事だ」

やがて良助は、仲間たちが作品に傾ける熱意に、
焦がれるような思いを募らせていく——。

走るしか能のない新米、突っ走る!
行き先は、たぶん未来。


「有川浩」改め「有川ひろ」の、
お仕事小説&ベタ甘ラブコメ。
涙と笑顔と元気が湧いてくる、待望の最新小説!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    有川 浩改め有川 ひろは、新作中心に読んでいる作家です。久々の小説の新作は、映像制作会社のお仕事小説でした。もっとブラックでドロドロしているのが、この世界のような気がしますが、著者らしく爽やかな読後感です。『空飛ぶ広報室』が本作中で映像化されるとは思いませんでした。続編もありそうです。

  • いつでも母さん さん

    わぁ、これこれ!久しぶりの有川さん。映画やテレビドラマの制作会社【殿浦イマジン】で働くことになった若者・良井良助のお仕事小説。ドラマ『空飛ぶ広報室』がここで映像化されて二度美味しい感じがしたり、エッセイで知った有川さんの思いも加味されているとも思った。会話の妙というかシーンが浮かぶのがまた楽しい。【殿浦イマジン】の皆が好い。まだまだ下っ端だけれど、いつかの明日へ良助ガンバレ〜!あぁ、続きが読みたい。

  • 旅するランナー さん

    映画・ドラマ作りに情熱をたぎらせて駆けずり回る映像制作会社「殿浦イマジン」社員たちによる笑いあり涙あり元気ありな小説。映像作品作りの裏側、原作小説との関係性、仕事・段取り・気配りへの想像力など、有川さんならではの内容で、とても興味深い。チョコっと挿入された台本だけで感動させる、筆力にもやられます。ロマンチストの仲間入りができる、素晴らしく爽やかな作品。

  • ゆみねこ さん

    面白かった〜♪ ザ・有川って言う乗りの良いストーリー、映像の世界で活躍することを夢見た良井良助が「殿浦イマジン」で成長して行く。有川作品の様々なコラボもあり、エッセーで語っていたことも、きっちりと織り込まれている。楽しく読了しました。

  • のぶ さん

    久々の有川さんの新刊だったが、期待通り面白かった。主人公は27歳の良井良助。映像制作会社で働くことが目標だったが、就活で計画倒産に巻き込まれ、フリーターとして暮らしていた。そんな良助に映画制作会社「イマジン」に正社員として採用された知人から、現場仕事のバイトに声がかかり働くことになる。5本の作品の制作が入っていて、連作風になっているが、どれも良助の活躍が描かれている。現場の臨場感が伝わって来るのと、合わせて作中先の物語が楽しめる構造になっているのも良かった。映画好きの自分に合っていたのも良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有川浩 (有川ひろ)

高知県生まれ。2004年『塩の街』で電撃小説大賞大賞を受賞しデビュー

プロフィール詳細へ

有川浩 (有川ひろ)に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品