音のかたち

有山達也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784898155080
ISBN 10 : 4898155081
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
128p;26

内容詳細

「いい音」ってなんだろう?アンプを作っている人なら答えを知っている?レコードを作っている人はどう思っている?溝や針を顕微鏡で観察したら秘密がわかる?「音」に魅了された有山達也が、デザイナーならではの視点で考える(悩む)「音」

【著者紹介】
有山達也 : 1966年埼玉県生まれ。中垣デザイン事務所にデザイナーとして約3年勤務。1993年アリヤマデザインストア設立。エディトリアルを中心としたデザイン、アートディレクションを担当。第35回(2004年)講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。ミームデザインスクール講師。東京藝術大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kamachirui2 さん

    読了。銀座のギャラリーで偶然見た展示の図録的な本。どちらかというと音の良し悪しには疎いのに結構面白くて印象に残っている。レコードの溝の拡大写真はなかなかインパクトある。 展示で流し読みした文章や図解を改めてゆっくり読めたおかげで「あ、この写真はそういうことだったのか」とわかったり、レコードから音が出る仕組みがちょっと理解できた気になったりしました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品