非色 河出文庫

有吉佐和子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309417813
ISBN 10 : 4309417817
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
追加情報
:
424p;15

内容詳細

色に非ず―。終戦直後黒人兵と結婚し、幼い子を連れニューヨークに渡った笑子だが、待っていたのは貧民街ハアレムでの半地下生活だった。人種差別と偏見にあいながらも、「差別とは何か?」を問い続け、逞しく生き方を模索する。一九六四年、著者がニューヨーク留学後にアメリカの人種問題を内面から描いた渾身の傑作長編。

【著者紹介】
有吉佐和子 : 1931年和歌山県生まれ。幼少期をインドネシアで過ごす。東京女子大学短期大学部英語科卒。56年「地唄」で芥川賞候補となり、文壇デビュー。一外科医をめぐる嫁姑の葛藤を描く『華岡青洲の妻』(女流文学賞)、歴史や芸能を扱った『和宮様御留』(毎日芸術賞)など、さまざまな分野の話題作を発表し続けた。84年急性心不全のため逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 夜長月🌙新潮部♪ さん

    今もアメリカは黒人の差別問題「BLM」で揺れています。この物語は戦後、米軍の黒人と結婚した日本人女性が子を産みアメリカ(ハアレム)に渡っての話です。黒人が差別されるだけでなく黒人が蔑む白人がいることも描かれています。最終的には肌の色の問題ではなく(題名の色に非ず)、人は優越感を持ちたい、劣等感をもってしまう、というどうにも避けられない感情に囚われ続けているだけなのです。

  • Shoji さん

    二十世紀当時のアメリカに蔓延る人種差別をテーマにした社会派小説です。主人公の笑子は、GHQ支配下の戦後日本において米兵の黒人と結婚し子供を授かります。衆目から奇異の眼で見られながら逞しく子育てするも、紆余あって米国に移住します。果たして、米国でつぶさに受ける人種差別の中で笑子は強く生きていきます。一気に読みました。もの凄い小説でした。黒人・ニグロ、戦争花嫁・ウォーブライド、混血児・あいのこ・掻把、貧民・ハーレム、全てが嫌な単語だ。そして、米国の人種差別は二十一世紀の今も残っている。悲しい。

  • KEI@ I ⭐️ YOKOHAMA さん

    既読。1960年の作品だが古さは感じない。終戦直後、黒人兵と結婚した笑子が主人公。娘が産まれて、日本人の蔑視から娘を守る為に一度は離婚を決心した夫の住むNYに渡る。思いがけず待っていたのはハーレムでの生活で、そこで人種差別や偏見と出会いながら「色に非ず」と気が付いていく。笑子の行動や言葉に共感しながら読んでいた。ラストの自分もニグロとして生きる!と言い切った笑子の逞しさが良かった。 秀作。

  • zel さん

    非色かあ。と。タイトルの意味を繰り返し考えさせられる。50年も前の作品だけれど、とても新鮮。今、 まったく変わっていない気がする。作品に引き込まれた。 登録数が少ないのに驚き。もっと読まれてもいいのに

  • かふ さん

    「高橋源一郎の飛ぶ教室」の推薦図書。今の日本でこれだけの作品を書ける日本人がいるだろうか?(いるのだろうけど、知らないだけなのかも。知っていたら教えてもらいたい。)日本人を離れて(でも出発点は、日本人の戦争花嫁で序盤は日本での差別が描かれる)、アメリカに渡り人種差別を体験して、ニグロに成るという笑子の物語。アメリカの人種差別が色だけではなく、それこそ人種なんだと(ニグロの下にプエルトリコ人がいる差別の構造)知るのは衝撃だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

有吉佐和子

1931年和歌山県生まれ。幼少期をインドネシアで過ごす。東京女子大学短期大学部英語科卒。56年「地唄」で芥川賞候補となり、文壇デビュー。一外科医をめぐる嫁姑の葛藤を描く『華岡青洲の妻』(女流文学賞)、歴史や芸能を扱った『和宮様御留』(毎日芸術賞)など、さまざまな分野の話題作を発表し続けた。84年急性

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品