キスから始まる戦機乙女 3 MF文庫J

月見草平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040667133
ISBN 10 : 4040667131
フォーマット
出版社
発行年月
2014年04月
日本
追加情報
:
257p;15

内容詳細

ジェスターとの激闘を終えて新たな戦機乙女、ロキを手に入れた俺たち。ささやかな日常も束の間、新たな“天使”が現れる。俺のいる場所を狙ってきた今までとは違い、現れたのは学園エピタフの地下だった。特異な条件での出現に戸惑う生徒会メンバーだったが、現場に向かうと天使はこちらの攻撃を受ける直前で消失してしまう。学園の地下は何のための場所なのか、そして過去に何があったのか、何を訊いても確かな答えを返してこない六道にイラつく俺だったが、文化祭準備の途中、クラスメイトの斉藤さんが転校してしまうという話を聞く。入学からずっとお世話になったお返しができないかと思い立ち…。キスから始まる武装ファンタジー、解き放つ第三巻!

【著者紹介】
月見草平 : 『魔法鍵師カルナの冒険』で第1回MF文庫Jライトノベル新人賞審査員特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まりも さん

    打ち切りっぽい投げやり展開だったかな。個人的にこの作者さんは好きだしイラストはゆーげんさんだったので結構期待してたんですがやっぱり主人公の性格がネックだったかな。優柔不断ですごく中途半端な主人公なだけにそこまで引き込まれる要素が無かったのは残念。ただ作品の出来次第はそこそこイケているし次回作はもう少し独自色を出してくれるとありがたい。

  • KUWAGATA さん

    打ち切りっぽいですね〜。個人的には楽しませていただきましたが、主人公の性格に少々問題アリだったりで、多くの支持を得ることはできなかったのかもしれません。できればもっと長く続いていろんな女の子たちが登場してくるのを楽しみにしたかったのですが…。私がラノベを読むきっかけになったのは「ハルヒ」でも「キノ」でも「ゼロ使」でもなく、月見さんの「魔王式」でした。最近、なかなか長期連載に持って行けていないようですが、まだまだやれるはず。今後に期待します。

  • 湯立 さん

    これが打ち切りエンドか!ラノベ暦1年強ゆえラノベの標準的な打ち切られ方って知らないのですが、打切り巻はこうも無残で無責任なものかと驚きました。事実上攻略活動をしていない上に、ラスボスとのバトルも実質数頁。総花、はしょり、初期設定との矛盾、飛躍した結論..折角の良い点も覆い尽くすマイナスの数々。無理な総花は捨て、内容を特化して終幕させる手もあったかも?兎に角、こんな終わり方が作者の次に繋がるのか疑問で、編集にもよく考えて欲しいものです。1、2巻のラブコメ部分は良かったので、その点次回作に期待します。

  • しぇん さん

    完結。打切りですかね、残念です。まぁヒロイン、娘が増えていくシステムだから続ければ破綻しか無さそうでしたからしょうがないですかね。打切りのせいかわかりませんが、ラスボスが凄くしょぼかったような感じが。能力は聞くと凄そうなんですけど、強かったように感じた場面が0でした。

  • 一瞬飛べる豚 さん

    過去これほど打ち切りが嬉しかったラノベはない ゆーげん先生のファンとして買わないわけにはいかないけど画集にしても高すぎ 打ち切りだけあってなかなかのツッコミどころの多さだけど1番気になったことは 戦機乙女いらないじゃん! 3冊しかないのに子供を連れ歩くのが面倒になって、その場にいなくても能力だけは使えるってもう 邪魔になるのは少し考えればわかるだろ タイトルになりながら邪魔な設定ってなんだよ とりあえずブラックリストに登録しときます シナリオ 0 イラスト 24 設定 2 キャラクター 3 総合 29

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

月見草平

『魔法鍵師カルナの冒険』で第1回MF文庫Jライトノベル新人賞審査員特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品