空が分裂する KCピース

最果タヒ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063648980
ISBN 10 : 4063648982
フォーマット
出版社
発行年月
2012年10月
日本

内容詳細

「別冊少年マガジン」創刊号より21回にわたって連載された詩とイラストのコラボレーション企画「空が分裂する」を中心に、単行本にまとまっていない著者の作品をまとめたイラスト詩集。
萩尾望都、冬目景、鬼頭莫宏、市川春子、鈴木央、山本直樹、古屋兎丸、皆川亮二ら人気漫画家、小林系、宮尾和孝、ワカマツカオリ、片山若子ら人気イラストレーターなどが寄稿する、かつてなく豪華な詩集を刊行します。

【著者紹介】
最果タヒ(さいはて たひ)
第44回現代詩手帳賞、第13回中原中也賞を受賞。詩集に『グッドモーニング』がある。雑誌「群像」「新潮」「ユリイカ」「真夜中」「現代詩手帳」などに精力的に作品を発表。現在「別冊少年マガジン」で小説「魔法少女WEB」を連載中。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いっちゃんず さん

    詩について:『死んでしまう系のぼくらに』と同様、感覚的なものしか頭に入ってこない。ただ、「おめでとうさようなら」「夏襲来」の2篇のみ何となく理解。どうしてこんなに特殊な読書体験になってしまったかについては、作者あとがきを読んでとても納得した。しかし、これを別冊少年マガジンで連載していたのか… /イラストについて:知っている人だけでも、市川春子、萩尾望都、山本直樹、古屋兎丸、冬目景、鬼頭莫宏、鈴木央、板橋しゅうほう、志村貴子、西島大介。さすが講談社。イラストだけでも一読の価値あり。

  • 二藍 さん

    【北極でぼくを待っている人がいるとして、ぼくはそんなところまで迎えに行けるだろうか。】【そんなところまで歩いて行って、すきって言ってもらいに行って、しまうぐらいぼくは孤独なのだろうか。】Twitterで知った最果タヒさんの詩集。じっくり読んでみると、なんか、攻撃的だけど傷つけてるんじゃなくて、突き放してる、ような感じ。多用される「よかったね」っていう言葉が特にそう感じさせた。『みじめな人たちのこころ』が好き。『夜の死』と『ミッドナイト夜』と『天国と、とてつもない暇』も好き。

  • みーこ さん

    「感情は名をつけたら俗物になるんよ」というセリフが1番好きです。詩を読むものいいかもしれません。少し分かりにくい表現もありましたが、「やあ!」はグサッとくる詩でした。

  • you999 さん

    豪華作家たちのイラストが添えられた詩。鬼頭莫宏のイラストが添えられた詩が「ぼくらの」っぽくてよかったね。

  • ハルト さん

    死と詩。鋭さ痛さ。世界を唾棄し愛してる。今的である不変さ。誰もが感じていることがあるから共感するし、誰とも違ってしまってるってことに共感する。第一部は詩とイラストの競演。市川春子/萩尾望都/古屋兎丸/ワカマツカオリ/冬目景/鬼頭莫宏/皆川亮二/片山若子/志村貴子/西島大介/小林系/他と豪華な顔ぶれ。融合しているようで戦っているみたいで見て楽しい読んでいい。第二部は詩のタイトルごとにフォントを変えてて、いろいろ凝っている詩集でした。あとがきが好き。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド