きみの言い訳は最高の芸術

最果タヒ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309025124
ISBN 10 : 4309025129
フォーマット
出版社
発行年月
2016年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
Rocky Boyd ,  
追加情報
:
147p;19

内容詳細

最果タヒ、待望の初エッセイ集。

目次 : 友達はいらない/ 宇多田ヒカルのこと/ 最初が最高系/ ガーデニング不条理/ きみが友達との楽しい時間のために、ひねり出した悪意について。/ 過去にないもの。/ 優しさの天才ではないわたし/ 感情の娯楽性/ 運動神経未完成的自我/ ネットは河で、きみは石。〔ほか〕

【著者紹介】
Rocky Boyd : 1986年生まれ。詩人、小説家。2006年、現代詩手帖賞を受賞。2007年、詩集『グッドモーニング』(思潮社)を上梓。同作で中原中也賞を受賞。2014年に詩集『死んでしまう系のぼくらに』(リトルモア/現代詩花椿賞を受賞)を発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マエダ さん

    タイトルに一目惚れして購入。エッセイで残念、芸術家の創作本かと勝手に想像していた。

  • Y さん

    なんて言えばいいのかわからないけれど、全部を読み通してみて、息をするのが少しだけ楽になったような気がする。常識やしがらみから外れてるとかもはやそういう次元ではなく、もっと自由で地上の何にもとらわれてない言葉だなと思った。書いてあることは大方わからなかったんだけれど、この本の内容に関らずわかりあえないこともそれはそれでいいのかもしれないと思えた。自分はあらゆる物事に対して共感に重きを置きすぎていた。

  • Eee さん

    @借本 最果タヒさん、初読みでした。現代作家という印象です。私はとても読みやすく、うんうんと頷きながら読み進めていきました。詩という少し難しそうな印象を変えてもらえる気がします。次はタヒさんの他の作品を読みたいです。

  • 橘@小確幸 さん

    最果タヒさんの詩集は読んできたのですが、エッセイに接するのは初めてです。なんだか、生きていていいんだ、と思えました。最近の自分の性格の悪さに自己嫌悪に陥っているのですが、タヒさんのひりひりする言葉にほっとしました。タヒさんの言葉は真摯です。冷たいようで、優しさも感じます。そして潔いです。強いな。わたしもそんな強さを持ちたいです。詩集とエッセイと読んだので、小説も読んでいきたいです。

  • じょんじょん さん

    はっきり言って読みにくいですね。センテンス長くって、句点でつながり、前述を否定したり、読み手(少なくとも自分は)かなり右往左往させられました。酒場で世の中に対してちょっと斜めで、でも頭脳明晰ボキャブラリ豊富な(嫌われきれない)毒舌家が延々と語っているような感じ。読メのレビューも好き嫌いがはっきり分かれていましたね。ブログ本なのですね。しかし、煌めくような、ハッとするような言葉の鋭さは読み手(自分)として完全に脱帽、白旗です。手元に置いておきたい。詩集(夜空はいつでも・・を原作として5月に映画公開されます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品