人生の醍醐味

曽野綾子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594077488
ISBN 10 : 459407748X
フォーマット
出版社
発行年月
2017年06月
日本
追加情報
:
262p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いつでも母さん さん

    どちらかと言えば相性の悪い曽野綾子先生の随筆。産経新聞に連載していたらしいが、私にはどれもお初。なかには、ん?と思うものもあるが、大方はうんうんと肯きながら数日寝る前の友になった。確固たる信念など持ち合わせない私だが、御主人を看取った夜にも書いたそうだ。書くことが自分の一部なのだろう。ちょっと羨ましい。86歳、人生の先輩の言葉に耳を傾けるのも良い。『涙の中から覚り知ることがある』本当にそうですね。避けて通れない不幸など無いに越したことはないのだけれど・・

  • あきむら さん

    曽野さんのエッセイは読むたびに そうよね とうなずく事ばかりです。

  • ホン さん

    世相を反映した事柄から身近な生活の中まで広い視野で書かれインパクトもある。しかしこのようなエッセイ、三日もすればほとんど忘れてしまう。そのうちにそれに関わることに出合った時に何かの本に書いてあったなと思いだす。それで良いと思う。

  • 一彩 さん

    「悪いことを予想できなければ,あらゆる危険に対処できない。」よいことも悪いことも予想しよう。

  • 森のかっこう さん

    曽野さんのエッセイからは、対象のことをありのままに捉え、本気で考えるからこその厳しさと暖かさが感じられます。自分の身近にはこのように厳しい事を話す人があまりいないので、一つ一つの話にハッとさせられながらも、刺激を受けとても面白く読ませてもらいました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

曽野綾子

1931年東京生まれ。作家。聖心女子大学文学部英文科卒業。『遠来の客たち』(筑摩書房)が芥川賞候補となり、文壇にデビューする。1979年ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章。2003年に文化功労者。1972年から2012年まで、海外邦人宣教者活動援助後援会代表。1995年から2005年まで、

プロフィール詳細へ

曽野綾子に関連するトピックス

  • 曽野綾子『人間の分際』 独特な語り口とストレートな表現で何かと論壇や世間に論争テーマを発信する曽野綾子。今回は「すべてのものには分際がある」... HMV&BOOKS online|2015年08月04日 (火) 14:40
    曽野綾子『人間の分際』

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品