文学ムック ことばと vol.1

書肆侃侃房

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863853966
ISBN 10 : 4863853963
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
追加情報
:
240p;21

内容詳細

目次 : 巻頭表現 文房具たち(福田尚代)/ 座談会 「言葉と何か」についての120分(柴田聡子×又吉直樹×佐々木敦)/ 創作(マジックミラー(千葉雅也)/ 帝都の墓/阿弥家の墓参り(マーサ・ナカムラ)/ Hunters And Collectors(阿部和重)/ エルガーを聞きながら書いた小説(小笠原鳥類)/ 緋色の習作―A Study in Scarlet(小林エリカ)/ 舞踏会(佐川恭一)/ 胸さわぎ(保坂和志)/ レースの村(片島麦子)/ pot hole(楽器のような音)(山本浩貴))/ 翻訳 心焦がすサイゴン(ウティット・ヘーマムーン)/ 本がなければ生きていけない(二つの本棚(堤雄一)/ とともに考える(伊藤亜紗))

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Taxxaka_1964 さん

    佐々木敦編集の新しい文芸誌。様々な短編が万華鏡のようにきらめく珠玉の一冊。 どの話も興味深かったが、個人的にはやはり阿部和重の諧謔が素敵に思えた。

  • H2Oearthman さん

    真っ先にお目当ての阿部和重「Hunters And Collectors」を読み、おお、そうくるのか、と驚いた後、よくTL上で名を見かける佐川恭一「舞踏会」を読んだ。黒く、暗く、陰鬱な『ダンス・ダンス・ダンス』。熱狂的なファンがいる理由がよくわかる。圧倒され、ぐったりした。

  • 笠井康平 さん

    オルタナティビティ

  • ロングネーム さん

    柴田聡子の歌が好きなのと、佐々木敦、又吉直樹の組み合わせに惹かれて購入。 才能のある作り手の条件なんだろう、柴田も又吉も鑑賞者としての基準や拘りがあっておもしろい。それぞれ「笑い」や「くさい表現」など鑑賞者として敏感に反応する箇所が制作物にも表れているよう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品