現代アラブ小説全集 8

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309601885
ISBN 10 : 430960188X
フォーマット
出版社
発行年月
1989年02月
日本
追加情報
:
290p;20X14

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • H2A さん

    スーダンの作家タイーブ・サーレフの代表作。イギリス留学して帰国した主人公はムスタファ・サイードというやはりイギリス帰りの、地元の名士になった男と知己をえる。ある時ムスタファは自分の半生を語りイギリスで犯した罪を語る。そのあとで彼は不意に帰らぬ人となり妻と息子たちの後見人に指名した。首都ハルトゥームで官吏となった主人公が帰郷すると、ムスタファの未亡人フスナが巻き込まれた悲しい最期を知ることになる。未開の地と西欧の対比とか、そこでの女性の社会的地位とか、ムスタファと主人公の二重性とかそういう主題も→

  • てれまこし さん

    北スーダン出身の作家。西欧のことを学び、西欧に憧れる知識人は、それでも故郷を愛する。宮崎湖処子の『帰省』に描かれた明治青年の郷里に対する愛情に近い。そこには「北」にはない生の悦びがある。が、「南」はやはりすでに異郷でもあり、そこに帰還することはできない。故郷を持たず虚偽に生きたムスタファ―は語り手自身のアルターエゴである。非西洋国の知識人とは彼岸にも此岸にも渡れず、川の真ん中で沈んでいく人間のようなものなのだ。寄生的役人や「仕事をしない」イスラムのイマームのように、人々が生きる現場からは遠い存在なのである

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品