大菩薩峠 20 ちくま文庫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480032409
ISBN 10 : 4480032401
フォーマット
出版社
発行年月
1996年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,505p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 大長編未完時代小説の名作。  市川雷蔵...

投稿日:2009/11/27 (金)

 大長編未完時代小説の名作。  市川雷蔵を表紙に使った装丁も見事。

白塗りのサル さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • きょちょ さん

    学生時代から気になっていた作品で、読まなかったら棺桶入る時きっと後悔したでしょう。 一番面白いところは、当たり前だけど同時代にいろいろな人間が生き、交わり離れまた交わったりする、考え方も変化したり、人間的に成長したりもするし、まるで変わらないのもいる・・・。 現実においても交わった人すべてに対して最期まで追う事はできないのだから、未完でも良いのかも・・・。 机龍之助はやっぱり面白く不思議なキャラ、最低なのは駒井甚三郎、こやつはわがままで偽善者であった・・・。きっとお松まで不幸にするだろうなぁ。 ★★★★

  • ジュール さん

    大菩薩峠全巻、やっと読了。昨年8月から9か月かかった。最後まで大団円を迎えることなく、それぞれの核となる登場人物が、それぞれの場所で活躍。駒井は南の島で独立王国を建設中。竜之介は若い年おいた尼さんと道行き。神尾主善は京都に行く前に江戸見物。道庵は一休さんの後をたどる。米友と源信、お銀様はどこに? それにしても筆者の博覧強記には感心。いつ終わるともなく、大きなヤマもなく、よくも続いたもの。それにしても最後が柳田平治の「ちぇッ、キリシタン!」であっけなく終わる。本当にこれで終わりかとネットで調べてしまった。

  • @を さん

    ついに読み終わってしまった。思えば物語の冒頭、仇討ちという一応の物語上の役割を与えられたお松と兵馬以外の登場人物は、ほとんどが「徴付き」のあぶれものばかり。悪が裁かれるでもなく、善が報われるわけでもなく、話の筋はどんどん分岐し、広がり、終わりもない。なのに小説を娯楽として読めたのはこれがはじめてで、最終巻、大衆小説と少数の芸術なんざ下らぬ区別に読書が惑わされるな、とあり、はっはと笑ってしまった。

  • Auristela さん

    感無量。いよいよ現代との架け橋が見えてきて、落ちるか、いや更に飛翔するのか、というところで終わって、割とキリが良かったと思うな。最後なんか何故かカフカのアメリカあたりを思い出したよ。

  • Stevie G さん

    この独特の世界から抜け出したくなくて、できるだけ日時を掛けてゆっくり読んできたのに、とうとう終わってしまいました。続きが読めなくて寂しい限りです。お松は駒井の殿様を捕まえたから良いようなものの、お雪ちゃんは可哀想。根性無しの兵馬は福松のところへ戻るでしょう。竜之介もとうとう目が治らないとは予想もしませんでしたが、お浜とお豊を死なせ、お雪ちゃんもお銀様も振った挙句に寂光院の尼法師はないでしょう。風呂敷を広げるだけ広げた幕末どたばた活劇でした。楽しかったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品