図説 からくり 遊びの百科全書 ふくろうの本

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309760155
ISBN 10 : 4309760155
フォーマット
出版社
発行年月
2002年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,127p

内容詳細

生きているかのよう茶碗を運び、きびすを返して戻る江戸の茶運び人形。そこには西洋と東洋の時計技術と、江戸からくり師の技が活かされていた。夢にあふれた機械と人間の歴史を語る、魅力的な装置の百科。

【著者紹介】
立川昭二 : 1927年東京生まれ。早稲田大学卒業。専攻は科学史・医学史。『歴史紀行死の風景』で第2回サントリー学芸賞受賞

玉屋庄兵衛 : 本名高科正守。1988年没。からくり人形師

種村季弘 : 1933年東京生まれ。東京大学卒業。独文学者。文芸評論家。『ビンゲンのヒルデガルトの世界』で芸術選奨文部大臣賞・斎藤緑雨賞受賞。『種村季弘のネオ・ラビリントス』(全8巻)で泉鏡花文学賞受賞

青木国夫 : 1924年東京生まれ。元国立科学博物館工学研究部長。2001年没

高柳篤 : 1942年満州生まれ。東京大学卒業。98年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マカロニ マカロン さん

    個人の感想です:B。本年1月(2017/1)に八王子夢美術館で『イギリスからくり玩具展』を見てきた。英国のオートマタが60点ほど展示されていて、そのほとんどを実際に動かして見ることができた。歯車やカム、ラチェットなどの作用で人形が複雑な動きをするのが興味深かった。そこで本書を読んでみた。古代エジプトの頃から操り人形(マリオネット)は存在し、その後時計仕掛けの発達と密接な関係を保って、西洋でも日本でも目覚ましい発展を遂げていた。また人形浄瑠璃との関係も密接で、茶運び人形など鎖国下での日本人の技術もすごい。

  • 更紗蝦 さん

    以前、江戸東京博物館で宙返り人形(段返人形)の実演を見たことがありますが、そういったかくり人形の作り方を説明している『機巧図彙』という本(細川頼直・著/1769年)が現存するとは知りませんでした。日本のからくり人形も面白いですが、ジャケ=ドロスの自動筆写人形や自動演奏人形も心引かれます。

  • 6呎5吋es さん

    2003年4月29日

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品