フリーメイソン 「秘密」を抱えた謎の結社 角川oneテーマ21

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784047102279
ISBN 10 : 404710227X
フォーマット
出版社
発行年月
2010年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
荒俣宏 ,  
追加情報
:
18cm,271p

内容詳細

「ロスト・シンボル」で注目を集めるフリーメイソンは、なぜ「世界征服を企む陰謀結社」と言われているのか。知才・荒俣宏がその真実に迫る。ダン・ブラウンの最新刊「ロスト・シンボル」を読み解くための必読書。

【著者紹介】
荒俣宏 : 1947年東京都生まれ。慶應義塾大学卒。作家・博物学者。85年に刊行開始された小説『帝都物語』シリーズ(角川文庫)は、500万部を超える大ベストセラーとなる。87年『帝都物語』で第8回日本SF大賞受賞。89年『世界大博物図鑑第2巻魚類』でサントリー学芸賞受賞。膨大な知識を駆使して、古代文明からサイバー・カルチャーまで多岐なジャンルにわたる文筆活動を展開し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓@執筆中 さん

    「ダヴィンチ・コード」を読んで興味を持ったので購入、読了。予想に反して、「秘密結社」という悪のイメージから喚起されることがらよりも、もともと世界を善くするために設立されたグループであるということ、カトリックとプロテスタントの軋轢から生じたものでもあったこと、アメリカとの深いかかわりなど、知らないことが続々出てくる。どこまでが本当なのか? ほかの文献にもあたってみたい。

  • 可兒 さん

    本筋より荒俣先生の小ネタの方が面白い、いつもの荒俣本のような感。「謎の秘密結社フリーメイソン」像の作られ方は興味深かった

  • wasabi さん

    「革命時代に突入し、政治にもかかわらざるを得なくなったヨーロッパやアメリカのフリーメイソンは、個人の立場によって『敵』にも『味方』にもわかれることができたのである。わたしたちが、フリーメイソンの歴史と考えているものは、じつは個人個人の活動史のバラバラな集合なのだ」フリーメイソンにまつわる陰謀論の類はこれ、特に後半の一文がほぼ結論かと。本書のサブタイトルの「秘密」が括弧付きなのがポイントで、フリーメイソンの秘密の中身が問題なのではなく、長年口外されていない秘密を持っていることそのものが重要って事。

  • マリ さん

    よくわからないけれど何か怪しい結社という印象がなくなった。オカルトな部分は早々に切り捨てているし、沢山の有名人が参加している。友愛を掲げていながら入会するものを制限していたりする部分があるところも西洋の懐の狭い部分が表れていて普通の印象を受けた。

  • 斑入り山吹 さん

    ダン・ブラウン『ロスト・シンボル』を読んでいることが前提なのが、気に入らん。(読んでないんです。)まあ分かったような分からなかったような、そんな感じ。フリーメイソンに対する日本人の持つ怪しげなイメージっていうのはこう作られたのか、というところを納得したくらい。むしろ、荒俣氏のちょっとしたトリビアの方が面白かったりして。まあまあでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品