わが心臓の痛み 上 扶桑社ミステリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594038021
ISBN 10 : 4594038026
フォーマット
出版社
発行年月
2002年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,348p

内容詳細

連続殺人犯を追い、数々の難事件を解決してきたFBI捜査官テリー・マッケイレブ。長年にわたる激務とストレスがもとで、心筋症の悪化に倒れた彼は、早期引退を余儀なくされた。その後、心臓移植の手術を受けて退院した彼のもとに、美しき女性グラシエラが現われる。彼女は、マッケイレブの胸にある心臓がコンビニ強盗に遭って絶命した妹のものだと語った。悪に対する怒りに駆り立てられたマッケイレブは再び捜査に乗り出す。因縁の糸に繰られ、事件はやがてほつれ目を見せはじめるが…。

【著者紹介】
マイクル・コナリー : 1956年生まれ。フロリダ大学卒業。ロサンジェルス・タイムズ紙で十年以上記者として活躍し、ピュリッツァー賞の最終選考まで残った経歴を持つ。1993年、処女作の『ナイトホークス』でMWA賞最優秀新人賞を受賞。その後も、「ボッシュ」シリーズを中心にハードボイルド・ミステリーを精力的に発表している

古沢嘉通 : SF・ミステリー翻訳家。大阪外国語大学デンマーク語科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    コナリー《マッケイレブシリーズ@》心筋梗塞のために心臓移植を受けた元FBI捜査官マッケイレブば、ドナーとなった女性が殺された事件について、その女性の姉から頼まれて調べることにする。強盗に見える事件や関係ない事件が繋がっていく。古巣や共に働いた事のある知人の協力を受け調べていく過程はスリリングだが、女性との関係が何となく安易だなあ。マッケイレブのバディが、『砂の器』と思われる小説を読んでいるのにびっくりした。

  • Tetchy さん

    これは誰かの死によって生を永らえた男が、その誰かを喪った人のために戦う物語。しかしその死が自分にとって重くのしかかる業にもなる苦しみの物語でもある。何しろ導入部が凄い。殺された女性の心臓が移植された元FBI捜査官の許にその姉が訪れ、犯人捜しの依頼をするのだ。こんなに因果関係の深い依頼人がいただろうか。この設定だけで、この物語は成功していると云えよう。“Blood Work”という原題が指し示すように、まさに本書は血の物語だ。血は水よりも濃いと云われるが、これほど濃度の高い人の繋がりを知らされる物語もない。

  • KAZOO さん

    ボッシュシリーズを今訳されているものをすべて読んでしまったので、ほかのシリーズを読んでみようと思いました。テリー・マッケイレブのシリーズです。クリント・イーストウッドで映画化されたようですが見逃しました。元FBI捜査官だけあって地道に証拠固めをしていきますね。犯人がWHOというところから証拠を再検証しながら、WHYに持っていくということで、かなり面白そうな展開になってきています。

  • たち さん

    マッケイレブの話は先に何冊か読んでしまっていたので、マッケイレブの原点ともいえるこの本を読んで、色々と腑に落ちる所がありました。それにしても、クリント・イーストウッドとマッケイレブのイメージが一致しないのでこの表紙はいただけない。下巻へ。

  • ほちょこ さん

    境遇は違えども、ハリー・ボッシュ的な主人公がまたもや登場。一緒やん!どいつもこいつも、血の気の多いクールなモテ男(笑)下巻へ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品