ちょんまげぷりん 2 小学館文庫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094085303
ISBN 10 : 4094085300
フォーマット
出版社
発行年月
2010年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
荒木源 ,  
追加情報
:
16cm,253p

商品説明

木島安兵衛が江戸に帰って八年が過ぎ、遊佐友也は十四歳になっていた。コンビニエンス・ストアで万引きをした後、家に帰らず逃げ続けていた友也だったが、深夜、巨大な水たまり状の穴の中に吸い込まれ、百八十年前の江戸時代にタイム・スリップしてしまう。ちょうど、この世界では、安兵衛が菓子屋を営んでいるはず─。そう思って、安兵衛を探し続ける友也だったが、菓子屋「時翔庵」はつぶれており、安兵衛もなぜか消息を絶っていた。失意の底にいる友也だったが、追い打ちをかけるように周囲の人たちから、くせ者として追われる身となるが─。

内容詳細

木島安兵衛が江戸に帰って八年が過ぎ、遊佐友也は十四歳になっていた。コンビニエンス・ストアで万引きをした後、家に帰らず逃げ続けていた友也だったが、深夜、巨大な水たまり状の穴の中に吸い込まれ、百八十年前の江戸時代にタイム・スリップしてしまう。ちょうど、この世界では、安兵衛が菓子屋を営んでいるはず―。そう思って、安兵衛を探し続ける友也だったが、菓子屋「時翔庵」はつぶれており、安兵衛もなぜか消息を絶っていた。失意の底にいる友也だったが、追い打ちをかけるように周囲の人たちから、くせ者として追われる身となるが―。

【著者紹介】
荒木源 : 1964年京都府生まれ。東京大学文学部仏文科卒。朝日新聞社会部勤務などを経て、2003年に「骨ん中」でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    「おいおい」とか「こらこら」とか何回も突っ込みながら読了ですぅ(笑) 今回は中学生になった友也が江戸時代へ、市川海老蔵、勝麟太郎、徳川家斉まで登場して何やらドタバタ喜劇の様相に・・・ <(^_^;  肩の力を抜いて頁を開きましょう、楽しめると思いますよん♪

  • takaC さん

    ロッキーとターミネーター両方の良いとこ取りみたいなこの話をオレが気にいらない訳があろうか。続編ありの臭いが嗅ぎ取れなくもないが、これでお終いでも心残りは無し。

  • はらぺこ さん

    有名人が登場するので前作とは違う面白さがあった。ただ、友也のアノ行動にはショックを受けた。喋り方も嫌い。 五代目がタイムトンネルを通って現代に来たら泣くやろな。 ひろ子が妙に可愛いかった(笑) 

  • nyanco さん

    あんなにイイ子だったのに…。母思いのいたいけな少年だった友也が髪を染めて塾をサボって、万引きまで…おばちゃんは悲しいよ。2巻は逆パターンで友也がお江戸へ。頼みの綱の安兵衛さんは消息不明!!海老蔵に気に入られて歌舞伎役者になったり、現代のグッズが見つかって幕府への反乱分子と勘違いされて入獄されてしまったり…と、1巻とはまた違った面白さ。2なんて、どうせ二匹目のドジョウでしょ…と思わずに手に取る価値あり!母・ひろ子さんの野望は…?期待して待っていてもいいのかしら?w 続→

  • 文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中) さん

    へ?なんで氷川清話の言葉が巻頭に・・・と思ったらなるほど、そう云う展開なのね。映画化の余波だろうな〜と2には全く期待していなかった分、1より楽しめた。良い意味で肩の力を抜いて読める。歌舞伎の女形になった友也、上條淳士さんのカラーイラストで見たかったぞ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド