若い読者に贈る美しい生物学講義 感動する生命のはなし

更科功

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478108307
ISBN 10 : 4478108307
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
更科功 ,  
追加情報
:
323p;19

内容詳細

最新の知見を、親切に、ユーモアたっぷりに、ロマンティックに語る。あなたの想像をはるかに超える生物学の授業!学生も、社会人も、全世代必読の一冊!!

目次 : レオナルド・ダ・ヴィンチの生きている地球/ イカの足は10本か?/ 生物を包むもの/ 生物は流れている/ 生物のシンギュラリティ/ 生物か無生物か/ さまざまな生物/ 動く植物/ 植物は光を求めて高くなる/ 動物には前と後ろがある/ 大きな欠点のある人類の歩き方/ 人類は平和な生物/ 減少する生物多様性/ 進化と進歩/ 遺伝のしくみ/ 花粉症はなぜ起きる/ がんは進化する/ 一気飲みしてはいけない/ 不老不死とiPS細胞

【著者紹介】
更科功 : 1961年、東京都生まれ。東京大学教養学部基礎科学科卒業。民間企業勤務を経て大学に戻り、東京大学大学院理学系研究科修了。博士(理学)。専門は分子古生物学。現在、東京大学総合研究博物館研究事業協力者、明治大学・立教大学兼任講師。『化石の分子生物学』(講談社現代新書)で第29回講談社科学出版賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • moto さん

    基礎的な部分から分かりやすく説明されていたので、興味を持ってもらうための超初心者向けの本といった印象。科学という言葉の定義や自然選択についての説明も非常に分かりやすく、最後まで楽しく読むことが出来ました。 学生の頃は全然興味を持てなかった分野だが、社会人になって気楽に読むと、こんなに面白いのかと新たな発見でした。 生物や進化についての本は、もう少し読んでみたい。

  • がりがり君 さん

    率直に言ってこのような本に出合えたことに感激している。本書は生物をよくわからないブラックボックスとするのではなく、それこそケミカルレベルから解説してくれている。生命とは決してブラックボックスなのではなく、我々の生きている物理現実の延長線上に存在するものだということを、これでもかというくらい説明し尽くす。そのため第一章のイントロダクションが終わったらそもそも科学とは何かから説明が始まる。

  • issy_oji さん

    目次をパラパラとめくって、「この本は大衆受けする各論的なことを次々に述べているのだな」と思っていたが、とんだ勘違いだった。 生物学、というより科学の限界を示すことから始まり、最終的にはこちらの価値観が変わるような含蓄のある内容だった。 筆者の言うほど読みやすい本ではないと思うが、事前知識0でも十分に理解できるよう平易に書かれている。 子供ができたら読ませたいと感じた。 ★5

  • こんどー さん

    高校のときに受験向けに学んだっきりになっていた生物学の概要をもう一度掴みたいと思って読みました。何より文体が簡潔で軽快で、またイラストや図での補足のタイミングが絶妙でものすごくするすると頭に入ってきて感動しました。とてもオススメです! ちょっと気になったのは、以前読んだ福岡伸一先生の『生物と無生物のあいだ』で「生物は動的平衡な構造だ」と言われていた(気がする)のが、本書では「生物は平衡ではなく散逸構造だ」と言われています。動的平衡で、かつ、散逸で……?となったのでどちらも読み直してみようと思います。

  • Carol さん

    生物に興味がない人でも楽しいかなと思って読んでみたけれど、途中ちょっと挫折しそうになったw でも、人類が直立二足歩行になった仮説はとても素敵だった。人間は平和的だから、直立二足歩行で犬歯が小さくなった。そうであってほしいし、そのままであってほしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』
  • 「使用上の注意」をカバーした治療薬年鑑 収録薬剤数は約2,300成分・18,000品目。添付文書に記載された情報を分かりやすく整理し、各領域の専門医による臨... |2016年01月13日 (水) 08:05
    「使用上の注意」をカバーした治療薬年鑑
  • ICU/CCUの薬剤使用法の定番書が改訂 新章の書きおろし、新規薬剤・文献のアップデート、新規付録「クリティカルケアで重要な薬物相互作用」の追加など、大幅な改... |2015年12月24日 (木) 13:20
    ICU/CCUの薬剤使用法の定番書が改訂

おすすめの商品