この素晴らしい世界に祝福を! 17 この冒険者たちに祝福を! 角川スニーカー文庫

暁なつめ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041095430
ISBN 10 : 4041095433
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
248p;15

内容詳細

大量のマナタイトを使用し、めぐみんの爆裂魔法で魔王城の結界を破ったカズマ達。先に入ったアクア達とも合流し、魔王の配下を蹴散らして(?)遂に魔王の元へと辿り着き――

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    家出して魔王討伐に向かったアクアを追い、めぐみんの爆裂魔法で魔王城の結界を破ったカズマ一行。アクア達とも合流した彼らが、まさかの魔王討伐に挑む第十七弾。いやさすがにめぐみんの爆裂魔法連発は反則じゃないのかなと苦笑いでしたけど、見え見えの罠に陥りながら姑息な手段で魔王討伐に挑む展開はこの物語らしさがあって楽しかったです。今回で本編としては一応完結みたいですけど、カズマもアクアもめぐみんも、ダクネスも最後まであんな感じで、腐れ縁の仲がいい彼らのその後を、外伝でもスピンオフでもいいのでまた読んでみたいですね。

  • まっさん さん

    ★★★★☆ 最後の最後まで笑えてちょっぴり感動したこのすばが遂に終わりを迎えてしまった。結末はweb版と差別化されていなかったので予想通りだったものの、展開を分かっていてもカズマのカッコ良さやアクアのいじらしさにどこか微笑ましい気持ちにさせられた。三嶋くろね先生のイラストも相変わらず秀逸で素晴らしく、彼らの面白可笑しい物語を完璧に彩ってくれていた。強いて言うならダクネスには一応出番があったが、めぐみんにはこれといったイベントがなかったのが少し寂しいような…本編はこれで完結とのことだが、あとがきでも後日→

  • まるぼろ さん

    堂々の本編完結。大量のマナタイトを使用しためぐみんの爆裂魔法乱れ撃ちにて魔王城の結界を破壊しアクア達とも合流したカズマ一行だが…というお話です。とてもこのすばらしい満足の行く本編完結でした。アクアは最終巻にしてやっとこヒロインになれたって感じですかね…w 他にも上記の通りめぐみんの爆裂魔法がこれでもかと拝めたり、ダクネスらしい部分も見られたり、カズマさんに至ってはまぁ主人公らしいこと…w 特に魔王との戦いでカズマまで…と言うのはとてもカッコ良かったです。お疲れさまでした、とても好きなシリーズでした。→

  • わたー さん

    ★★★★★本編完結。実に「このすば」らしい内容で非常に良かった。全財産を高純度のマナタイトへ変え、めぐみんを爆裂魔法の固定砲台とすることから始まった魔王城攻略戦。初手からクズマさんムーブ全開の立ち回りは、城へ突入し、アクアと合流してからも変わらず。むしろ、よりイキイキしている気さえするのは流石のカスマさんだなと思った。こすっからい手で翻弄しつつも、決めるところはキッチリ決めるからやっぱり彼は憎めないし、真の勇者なんだなあと。兎に角、本編完結お疲れ様です。シリーズはどんな形であっても続いていって欲しいなと。

  • げんごろう さん

    遂に来た最終決戦! 笑いあり感動あり。最後の最後までこのすばワールド全開で大満足の一言です! この素晴らしい作品と出会えた事に感謝すると共に、いつかまた彼等と再会できる日を心待ちにしております。 暁なつめ先生と三嶋くろね先生に祝福を!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

暁なつめ

福井県、越前市出身の小説書き(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

暁なつめに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品