冒険の森へ 傑作小説大全 15 波浪の咆哮

景山民夫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784081570454
ISBN 10 : 4081570450
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
605p;20

内容詳細

ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。

第11回配本となる第15巻「波浪の咆哮」は、「冒険物語」の原点ともいえる、「海」を舞台とした傑作小説をSFから恐竜ものまで、バラエティ豊かな全14編収録!


●編集委員 逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏


[編集室から]

海の巻である。そもそも「冒険」物語は大航海時代のイギリスに始まった。

「冒険」イコール「大海」だった時代があったのである。

鎖国と呼ばれた時代があったせいか、日本にはこの種の小説の伝統がない。

なければ詭弁を弄しても作ってしまおう。編集委員諸氏もそう言っておられる。

海が舞台の椎名SF長編と景山恐竜長編を核にすえた。

やはり、「冒険」に「海」がないと、画龍に点睛を欠くのである。


[収録作]

【長編】
椎名誠「水域」
景山民夫「遠い海から来たCOO(クー)」


【短編】
小川未明「赤いろうそくと人魚」
蘭郁次郎「地図にない島」
笹沢左保「赦免花は散った」
北杜夫「遙かな国 遠い国」
田中光二「二人だけの珊瑚礁」
中島らも「セルフィネの血」
熊谷達也「潜りさま」


【掌編】
川端康成「竜宮の乙姫」
夏目漱石「第七夜」
三島由紀夫「伝説」
生島治郎「暗い海暗い声」
原田宗典「岬にいた少女」

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    水に比較的関連のある作品を集めています。掌編は、夏目漱石、川端康成、三島由紀夫などの文豪が入っています。短編は小川未明、笹沢佐保、、北杜夫などでさまざまな分野での作家が多く楽しめます。アンソロジーならではの世界です。長編は椎名誠と景山民夫で、椎名の作品は初めてでした。両者ともエンターテイメントとして楽しく読むことができました。

  • starbro さん

    集英社の創業90周年企画 傑作小説大全「冒険の森へ」全20巻完読プロジェクト第十一弾は第15巻「波浪の咆哮」です。本巻は海、水に纏わる広義の冒険・ミステリ小説集です!本巻は文豪の作品が多めです。どの作品も面白いですが、掌編では川端 康成の『竜宮の乙姫』、短編では小川 未明の『赤いろうそくと人魚』、長編では景山 民夫の『遠い海から来たCOO』がオススメです。

  • ぐうぐう さん

    『冒険の森へ』第15巻。「波浪の咆哮」と銘打ち、海や水にまつわる作品を収録している。夏目漱石『夢十夜』の一編「第七夜」、川端康成「龍宮の乙姫」と、文豪の掌編から幕が開く。掌編では、三島由紀夫の「伝説」が印象的。ロマンティストな三島の一面が滲み出ていると思わせながら、一筋縄ではいかない結末が深い余韻を残す。短編では、なんといっても小川未明の「赤いろうそくと人形」だろう。名作はいくら時代が変わろうとも風化しない、そのことを証明しているかのような耐久性に圧倒される。(つづく)

  • おだまん さん

    山本二三展からの遠い海から来たcoo目当て。30年ぶりの再読だけどちっとも読んだときのドキドキは薄れないなぁ。他の文豪や作家さんのステキな作品と素晴らしい海の描写の数々。自分は海洋小説好きなのかもと今更ながら気づくなど。

  • zzfog さん

    自分としてはやはり「水域」。「アドバード」「武装島田倉庫」を加えた三部作は、日本SF界の金字塔だと思う。褒めすぎ?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品