五等分の花嫁 11 週刊少年マガジンKC

春場ねぎ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065163351
ISBN 10 : 4065163358
フォーマット
出版社
発売日
2019年09月17日
日本
追加情報
:
192p;18

内容詳細

「落第寸前」「勉強嫌い」の美少女五つ子を、アルバイト家庭教師として「卒業」まで導くことになった風太郎。京都への修学旅行中、風太郎をめぐって五つ子たちの関係はギクシャクしかけたが、雨降って地固まり、楽しく修学旅行を締めくくることができた。そんな中、六年前の修学旅行で風太郎と出会ったのは四葉だったことが発覚し……。五つ子たちの過去物語が明かされる──!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 銀の星 さん

    読了。衝撃のラストで締めた前巻でしたが続けて五姉妹達の原点と6年前の修学旅行の真相と、初っ端から楽しめる内容でした。通算11冊目で漸く語られる四葉の物語。可愛くもあり悲しくもあり、しかしそれに負けない姉妹達の強さを感じられる良い話でした。ただお母さんの言葉が呪いの様に感じられるのは私だけかな? 四葉2度目の告白シーン。四葉が1番好きな私からすればもう感無量です。せっかくの夏休みなのに姉妹達との話がプールだけだったのは残念。あの1Pに凝縮されたダイジェストの物語を各1話ずつでも良いから読みたかった……→

  • よっち さん

    五つ子と母の約束、そして今の父との出会い。四葉の出会いを契機とした頑張りと挫折。なんというか仲良かった五つ子もいろいろあって、紆余曲折の末にそれぞれの道を模索するようになってきてるんですね。ここからどういう結末に向かうのか、その着地点が気になりますねー。

  • むっきゅー さん

    四葉が少女マンガのヒロインに見える。風太郎との修学旅行や中学時代のエピソードが明かされる第11巻。そして、高校になって風太郎と再開したときの四葉の反応。これ伏線だったのかー。86ページの見開きシーンはキュン死もの。恋愛レースとは別に、読者のハートをぶち抜くこと間違いなし。後半は、水着回やら一花の退学を巡るエピソードで、他の姉妹たちの出番もあったのですが、今巻は四葉に全て持っていかれた気分です。【レース展開】4-2-3

  • MERLI さん

    四葉に焦点を当てた第11巻、常に皆と一緒にいることを大事にする彼女たちの姿も見れました。四葉が発端だったのかぁ…なぁ?そして水着回きました、二乃さんも三玖さんもやけに積極的ですね…五等分始まって一番露出多めでは?さて、次も待ち遠しい。表紙イラストは5人(花嫁ver)一周したから次はなんだろな?

  • レリナ さん

    四葉が今のスタンスを取っているのにはこんな訳があったとは。五つ子達の過去が明らかになり、話は進む。相変わらず話の展開がうまく、引き込まれる。この五つ子のヒロインレースもそろそろ終盤戦。誰が風太郎の心を射止めるのか、わからなくなってきた。これからの話の展開次第ではどのヒロインにもチャンスはある。伏線が見事。ラブコメとしてはもう最上のものと言っていい。ここからが勝負の時。まだまだこれからどんでん返しとか考えられるので、油断はできないな。最終的な着地点が見事にハマれば、名作になりそうな予感。次巻に期待。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

春場ねぎに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品