よみがえる変態[文春文庫]

星野 源

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167913557
ISBN 10 : 4167913550
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
追加情報
:
196p;16

内容詳細

とある人間が死の淵から帰ってきた。
――ただいま!!

エロも哲学も垣根なく綴った怒涛の3年間。


アルバム制作やライブ、ドラマ撮影に執筆。
やりたかったことは次々と仕事になったが、片時も休まる暇がない。
自分がなりたいと思う姿を追いかけるほどに消耗していく中、
突然の病に襲われた。

……まだ死ねない。

これから飛び上がるほど嬉しいことが起こるはずなんだ。
死の淵から蘇った3年間をエロも哲学も垣根なしに綴る。

【著者紹介】
星野 源 : 1981年埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。2003年に舞台『ニンゲン御破産』への参加をきっかけに大人計画に所属。音楽家として、16年、シングル『恋』で社会現象とも呼べる大ヒットを記録。18年にアルバム『POP VIRUS』がオリコンウィークリーアルバムチャートで4週連続1位を記録。俳優として、13年に映画『箱入り息子の恋』等に出演し、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞等の映画賞を多数受賞。17年3月には第9回伊丹十三賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓@勉強中 さん

    星野源のエッセイは初めて読む。ずいぶん頭がいいひとだなというのが第一印象。特に病態の描写は、痛みにのたうち回るだけではなく、その体験以上のものを得ているような気がする。同い年ということを最近知り、ぼんやりとは認識しているレベルだったが、ほかのエッセイや音楽(ちょっと怖いもの見たさ的なところも……音楽自体聴かなくなってしまったので)にも手をのばしてみようかな、と思う。

  • カピバラ さん

    源さん〜!!くも膜下出血の話が壮絶だった。K先生の話も良かった。病気は良くも悪くも人の人生を変えるんだなあ。

  • hnzwd さん

    リアル彼岸前、彼岸後。星野源らしいなんでもありな感じが楽しい、、と、思いつつ知っているからこその一片の不安要素。今の活躍しか知らない人も読んで欲しいなー

  • ケー さん

    多方面で活躍する星野源。自分は音楽から知ったクチなので文章という形で彼に触れるのは初めて。本作は女性誌で連載してたものらしいけれど、結構エロ要素多め。単行本化である程度加筆したらしいけれど。逆に連載でエロ要素少なめだったとしたら単行本化で増やしすぎな気が(笑)そして本作で一番重要なのは彼自身を襲った病魔。普通ならばもう生きる力さえ喪失してしまいそうな大きすぎる試練。それを乗り越えた末の本書のタイトルは力強い。そして日本を代表するポップスターとなるわけだけど、やっぱりゆっくり活躍してほしいなぁと思ったり。

  • はるき さん

     自然体?やや露悪的?男性の正直な生態ってこんなもんかもしれません。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

星野 源に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品