まさか発達障害だったなんて 「困った人」と呼ばれつづけて PHP新書

星野仁彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569809489
ISBN 10 : 4569809480
フォーマット
出版社
発行年月
2014年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
286p;18

内容詳細

人の話を聞かない、急に感情的になる、約束を守らない―「変わった子」といじめられて育ち、その原因に気づかないまま職場や家庭の「困った人」に。さかもと氏もそうだった。「甘え」だと家族に否認されてきた彼女は、最近、発達障害の専門医である星野氏と出会い、ADHDを合併したアスペルガーと診断された。悩み抜いた者にとって、それは驚きであり福音だった。本書では、宣告された本人による幼少期から今日までの独白、それを聞いて病名を下した医師の見立てを紙上で再現した。発達障害は「治せる」。心の病をタブー視する社会の空気を変え、苦しむ人たちの救いとならんことを。

目次 : まさか自分が/ そう、あなたは発達障害です/ 壊れていく家族/ お母さんも発達障害だったかもしれない/ 抑うつ状態との闘い/ 発達障害は治せる/ 思春期の危機/ 薬物療法の新たな可能性/ 私の居場所はどこにある/ 発達障害でも幸福になれる社会/ ほんとうの家族を探して

【著者紹介】
星野仁彦 : 1947年福島県生まれ。心療内科医、医学博士。福島県立医科大学医学部卒業後、米国イェール大学児童精神科留学、福島県立医科大学助教授を経て、福島学院大学大学院教授、副学長。発達障害を専門とする児童精神医学の第一人者

さかもと未明 : 1965年神奈川県生まれ。漫画家、作家。玉川大学英文科卒業後、商社勤務を経て漫画家に。その後、評論活動やテレビ出演も多く、歌手デビューも果たす。2007年に膠原病と診断され、発達障害だったことも明らかに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いつでも母さん さん

    今なら違う道を進ませてやれていたかもしれないなぁ。なんて息子を育てた頃を思い出す。あの頃はまだ発達障害を見極めてくれるドクターは少なかった。大人になって診断されてストンと腑に落ちた事を思い出す。診断されていないだけでもっとたくさんの発達障害を抱えている人は多いと思う。この本ではさかもと未明さんの事だ。TVで初めてコメンテーターとして発言している姿に違和感を持ったのはこれだったのだ。親との関わりは辛すぎる。今の未明さんが幸せで良かった。星野先生の文章も分かりやすいが、現実はまだ厳しいんだなぁ。

  • 美登利 さん

    さかもとさんの幼少期から47才になって発達障害だと診断されて受け入れるまでの過程が、読んでいて非常に苦しくて、よくぞ生きていてくれたと思った。精神科医の星野先生ご自身も発達障害で機能不全家族に育ち、多くの患者さんを診ていることにも驚いた。今まで読んだ発達障害についての本の中でも一番わかり易く、家庭の実情もこれほど赤裸々に書かれたものはないと感じた。さかもとさんが親の愛を求めながらもお互いに反発しあい、最近悟ったことは私にもよく理解できる。生きやすい環境を作る働き方の提案は受け入れていくべきだと思う。

  • ぼんくら さん

    2014年刊。発達障害であるさかもとさんと、主治医の星野さんが交互に綴る。さかもとさんの部分だけ読んでいると、しっかりしていて障害があるようには見えないが、星野さんの記述から、その困ったぶりが伝わってくる。これだけの文章が書けて、自分や家族や周りの人のこともわかっているように見えるのに、実際にはダメなんですね・・・。

  • さおり さん

    大人になってから発達障害の診断を受けたさかもと未明さんが振り返る半生と、専門医でさかもとさんの主治医である星野さんの解説。交互に進みます。なかなか大変な人生を歩まれてきたさかもとさんパートは、読んでてちょっと辛くなります。星野さんパートでは、コンサータとリタリンのことが書いてあるところがちょっと参考になりました。っていうか私、さかもと未明さんてYMOの教授の娘と思ってた。よくわからない勘違い。

  • Tadashi_N さん

    医者と患者の文章が交互に入って、理解しやすい。思い当たることが多い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

星野仁彦

1947年、福島県生まれ。福島学院大学副学長。心療内科医・医学博士。福島県立医科大学卒業後、米国イェール大学児童精神科留学。福島県立医科大学神経精神科助教授などを経て、現職に。専門は、児童精神医学、スクールカウンセリング、精神薬理学など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月11日 (月) 11:30
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品