官房長官 側近の政治学 朝日選書

星浩

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022630216
ISBN 10 : 4022630213
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
星浩 ,  
追加情報
:
19

内容詳細

平成の色紙を掲げた小渕、東日本大震災時の枝野……
記者会見を通じて国民が最もよく目にする内閣官房長官。
その仕事の範囲、権限、歴代のタイプ・手法を分析し、日本政治の構造を解剖。
「この職でもっとも重要なことは、上司である首相との間合いと危機管理」
――と語るロングインタビューでは、集団就職で上京し政治家に、
側近として信頼されている現職・菅義偉官房長官が初めて安倍首相との日々のやりとりを語る!

【目次】

はじめに

1.官房長官の強さとは
・官房長官の「強さの秘密」
・首相の「強さ」
・歴史の中の官房長官
・調整者としての官房長官
・官邸主導の中で
・小選挙区制の影響

2.官房長官の仕事
・記者会見の実情
・首相の「意向」
・霞が関掌握の手段
・与謝野馨の余裕
・メディアとの接点
・海外の記者会見
・環境、沖縄、TPP
・危機管理
・与党との調整

3.官房長官いろいろ
・塩崎と菅
・後藤田と藤波
・後藤田のイメージチェンジ

4.首相との距離
・子分型
・趣味は角栄
・大正正芳の執念
・リベラル派の挫折
・竹下から学んだ小渕
・兄貴分型
・野中広務の術策
・はまり役福田康夫
・友達型の走り 大平と伊東
・細川と武村
・麻生と河村
・鈴木善幸と宮沢
・首相への誘惑
・変わり種
・民主党政権の官房長官
・ベスト3は

5.官房長官を支える組織
・官房副長官
・秘書官の1日

6.官房機密費の実態
・総額14億円
・領収書はないのか
・使途は藪の中
・透明化進めるべき

7.側近の政治学
・改善すべき点
・人材を育てよう

官房長官とは
―菅義偉官房長官に聞く(聞き手/星浩)

あとがき

戦後の内閣と官房長官 年表
人名索引

【著者紹介】
星浩 : 1955年福島県生まれ。朝日新聞特別編集委員。日本政治、外交を担当。79年、東京大学教養学部教養学科国際関係論分科を卒業、朝日新聞入社。長野、千葉両支局勤務を経て85年から政治部。ワシントン特派員、政治部デスクを経て編集委員。オピニオン編集長などを歴任し、2013年から現職。テレビ朝日系「報道ステーション」のコメンテーターなども務める。2004‐06年に東京大学大学院特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    むかしの官房長官と言うのはあまり存在感がなかったように感じます。というよりか最近マスメディアが発達して表面に出る機会が増えてきたからでしょうか?最近の菅さんや民主党の枝野さんはテレビに出ている機会が多いですね。その役割と昔からの官房長官を引き合いに出しておられます。ベスト3の1番に後藤田さんを挙げておられますが当然だと思いました。2番手以下は若干疑問符が付きますが?

  • kochi さん

    政権における側近中の側近、「内閣官房長官」にスポットを当て、制度、歴史、歴代の人物、改革案などを明確に解説し、おまけにガースーのインタビューまで! 特に歴代の官房長官と総理のエピソードは、簡単な戦後政治史にもなっている。政治の分野には疎いので、省庁再編とか、小選挙区制度で初めて実現した「刺客」など、読んでなるほどと今さら納得するのは迂闊です^_^ しかし、1番の良かった点は、映画『シン・ゴジラ』の人物関係がよりよく分かったことでしょうか^_^

  • たまご さん

    官房長官にスポットを当てて解説しています.官房機密費のこととかも少し. 写っている写真の,みなさん若いこと若いこと.平成の額を掲げた小渕さん,小泉さんの後ろの安倍さん,菅さんだって若いなあ. それだけ経験を積んだ(よね?)のと,やっぱり苦労が多いんだろうなあと. 読んでいると,ああ,こんなこと(人)あった・いた!と思うけど,その時に生きてたのになんかあまり覚えていない,いけない国民だなあと反省したです. しかし,政治家の本質を考えると,本当に官房長官できる政治家って,とても少なさそう….

  • 610@復活中 さん

    菅義偉官房長官のインタビュー目当て。朝日新聞出版から出版をされているが内容的には意外とまとも。一つ言いたいのは菅直人と菅義偉の見分けがつかない文章の書き方はやめてほしい。菅(直)とか菅(義)または官房長官とかつけるくらいの配慮はしてほしかった。菅直人は無能なので著者の文章の前後を読めばどちらの事かはわかるが…。内閣官房長官という仕事はやはり、有能で弁が立ち、頭の回転が速い人ではないと勤まらない。菅官房長官のキレ味の良さがやはり素晴らしい。

  • coolflat さん

    官房長官のタイプは3つある。まず親分である首相に徹底的に尽くす子分型。二階堂進、大平正芳、加藤紘一、小渕恵三、安倍晋三が挙げられる。第二に首相が政権運営の多くの部分を任せる兄貴分型。梶山静六、野中広務、福田康夫が挙げられる。最後は首相が官房長官と二人三脚で政権運営する友達型。伊藤正義、武村正義、河村建夫が挙げられる。また名官房長官ベスト3として、情報の後藤田、バランスの福田、ベースチェンジの大平と、それぞれの特徴を挙げながら解説。更に官房長官に不向きの三人として、小沢一郎、小泉純一郎、菅直人を挙げている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品