地球から来た男 角川文庫

星新一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041303221
ISBN 10 : 4041303222
フォーマット
出版社
発行年月
2007年06月
日本
追加情報
:
15cm,294p

内容詳細

おれは産業スパイとして、ある研究所にもぐりこんだ。だが内部の警戒は厳重で、たちまちパトロールの守衛につかまってしまった。保安部門の責任者は秘密を守るために独断で処罰するという。それは、開発途上で放置されたテレポーテーション装置を使った、地球外への追放だった。気づくと、おれは野原に横たわっていた―。奇妙な運命に翻弄される男達を描いた傑作ショートショート集。

【著者紹介】
星新一 : 1926年東京生まれ。東京大学農学部卒。57年日本初のSF同人誌「宇宙塵」の創刊に参加。68年『妄想銀行』で第21回日本推理作家協会賞受賞。ショートショートの第一人者として1001以上の作品を発表した。その他、時代小説、少年小説など多方面で独創性を発揮。97年、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
テレビでも放送された地球からきた男は、小...

投稿日:2011/07/30 (土)

テレビでも放送された地球からきた男は、小説で見ても面白く、表紙もエヌ氏の遊園地、盗賊会社と比較するととても好ましい。図書館などの公共施設では幼児向けかまたは児童図書に分類される本作品だが、子供だましと思わず見てみる価値あり。児童図書では、本は大きく、厚表紙であるが、文庫で買うなら大人でも十分楽しめる本だと思う。盗賊会社は、代表的な作品だが、内容は、騙しの真骨頂ともいえる趣旨の指針を持ち合わせる会社で、大勢が、まるでエキストラだ。一つの犯罪に、会社が総動員。これがビジネスの一つの形なのだろうか?? 地球からきた男もユーモア溢れる短編作品となっている。

マリア さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マーム さん

    星新一の作品をまともに読むのはこれが初めてかもしれない。もっとSFっぽいものを想像していたのだが、ちょっと趣が違ったので意外に思いました。 表題作等を読んで、その毒気というかブラックユーモアに、変な喩えかもしれないですが、『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造を想起しました。 ある種社会を風刺したそのアイロニーは小気味よく、古さを感じさせない洗練されたセンスにはさすがとしか言いようがありませんね。

  • Tetchy さん

    表題作はもう1つの『猿の惑星』ってところか。「もてなし」は作者得意の謎人物系で面白かった。

  • 扉のこちら側 さん

    2016年503冊め。これまで何冊か読んできた星作品の中では、ダークというかブラックというかビターというか、そんな風味漂う一冊。解説では桜庭和樹が「寂しい物語や、灰色の未来の描写が多い」と評している。一番印象に残っているのは「あと五十日」。まったく、たちが悪い面白さだ、けしからん。

  • Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房 さん

    簡潔な文体で鮮やかな場面展開、驚きの結末。時にブラック、時にユーモラス、時にハートウォーミングに人間の欲望や心を描いています。ショートショートの第一人者というより、【星新一】というカテゴリーなんだと思います。夜、眠っている妻が昔の彼女の声で話しかけてきた。妻の身体を媒体に元カノが連絡してきたらしい(『密会』)。表題作はテレポートで地球外に追放されたスバイの話。催眠療法で人生をリセットする男。会社のツボを刺激する任務を命じられたサラリーマン。死神とのゲームに興じる友人……。ワンコインで堪能する17篇の宝箱。

  • ゆみざ さん

    2016/06/12 20:04星新一を読むのは初めてでしたが、どの短編も読後に不思議な余韻があって気持ちよかったです。世にも奇妙な物語っぽい独特の世界観が見ていて楽しかった!「夜の迷路」「ある種の刺激」が特にお気に入り!やっぱり、短編集だと細かい読破感がコンスタントに得られて、ペロリとページが進んじゃうな。なんとなく“スパイ”と“悪魔”が著者の好みなのかなと思った笑!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

星新一

1926年東京生まれ。東京大学農学部卒。57年日本初のSF同人誌「宇宙塵」の創刊に参加。68年『妄想銀行』で第21回日本推理作家協会賞受賞。ショートショートの第一人者として1001以上の作品を発表した。その他、時代小説、少年小説など多方面で独創性を発揮。著書多数。97年永眠(本データはこの書籍が刊行

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品