茜空の誓い やったる侍涼之進奮闘剣 2 新潮文庫

早見俊

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101389721
ISBN 10 : 4101389721
フォーマット
出版社
発行年月
2012年11月
日本
追加情報
:
303p;16

内容詳細

ひょんなことから用人兼留守居役補佐という大任を仰せ付かった、諌早藩の貧乏侍・沢村涼之進は日々多忙。家中の美女を巡る仇討ち騒動、密かに心を寄せる道場主の娘・美鈴に黒い噂の縁談相手、そして、天衣無縫なわが殿と曰くありげな公家の姫様との結婚話。「やったるたい」精神で、押し寄せる無理難題に挑む涼之進の活躍を描く、好評の痛快時代小説、シリーズ第二弾。

【著者紹介】
早見俊 : 1961(昭和36)年、岐阜県岐阜市生れ。会社員を続けながら作家活動を行っていたが、2007(平成19)年に作家に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • み さん

    う〜ん、今作は何となく読了(^^;5作で完結ってことなので、読み進めるつもり

  • ナツメッグ☆ さん

    第一作目に比べると、いささか中味が薄くなった感じ。「やったるたい」の涼之進の元気さも、鼻につく。さて次作で八坂家の家名のどんな謂れが、明らかになるのか。

  • 勝部守 さん

    今回は爽やか感は減。気楽に読む。

  • Dyans さん

    三編の収録。最後の「大目付登場」がこの中では面白い。殿様親子にまあ、良いように動かされた涼之進は動かされたという結末。ライバルの様な誠之助にあしらわれたり、助けられたり。今後展開は恋敵となるかどうかかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

早見俊

1961(昭和36)年、岐阜県岐阜市生れ。会社員を続けながら作家活動を行っていたが、2007(平成19)年から作家に専念。主な著書に「居眠り同心影御用」「公家さま同心飛鳥業平」などのシリーズがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品