海外ミステリ・ハンドブック ハヤカワ・ミステリ文庫

早川書房編集部編

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150785048
ISBN 10 : 415078504X
フォーマット
出版社
発行年月
2015年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
307p;16

内容詳細

10のカテゴリーに分け、100冊のミステリをナビゲート。10のカテゴリーは――「キャラ立ちミステリ」「クラシック・ミステリ」「ーロー or アンチ・ヒーロー・ミステリ」「〈楽しい殺人〉のミステリ」「相棒物ミステリ」「北欧ミステリ」「英米圏以外のミステリ」「エンタメ・スリラー」「イヤミス好きに薦めるミステリ」「新世代ミステリ」――あなたにぴったりの海外ミステリ「最初の一冊」をお薦めいたします!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    1991年出版の『ミステリ・ハンドブック』は今でも私の必携の書だ。それが実に25年ぶりの刷新された。今回はランキング形式を排し、カテゴリ別で作品をチョイする形式になっている。いわゆる目利きによるガイドブックだ。この編集方針には感心したのだが、開巻してすぐに紹介されたのが定番中の定番本であったのにはガクリとするとともに苦笑してしまった。ただ今回はカテゴリー別にしたことで早川書房作品ばかりが挙げられたのは実に恣意的に感じた。100作中71作は多すぎでは?分量も前回よりも少なくてその分物足りなく感じてしまった。

  • つねじろう さん

    ミステリ好きでかつ誘惑に弱い方にはお勧め出来ません。何故なら確実に積読本は増えるからです。基本的にこれはハヤカワの販促ブックです。創元推理文庫とか角川とかもありますが薬味程度です。とは言うものの有栖川有栖や池上冬樹がミステリに対する思いのたけや自論を展開していてなるほど感とお値打ち感はあったりします。100冊気持ち良い所で寸止めみたいな紹介があったりするのでこれは読まなきゃいけないとかの決意や何で今まで読んでなかったんだろうという反省も湧いて来たりします。そんな危険な本である事をお伝えしようと思いました。

  • セウテス@第60回うさぎの館イベ「ミステリ押しメン」祭 さん

    25年ぶりの新装版で、新しい作品が増えたのが嬉しい。本作は10のカテゴリーに分かれていて、中々面白い特徴があると思うが、ハヤカワ・ミステリ以外の作品が在るのには苦笑い。ハヤカワの紹介本なのだから、他社の翻訳本でしかも手に入り難いとなると、必要は無かったのではと思う。カテゴリーがアンチヒーローだの、相棒だのと他に無い分け方が素晴らしい。ちなみにこんなに未読の作品が多い紹介本は、初めてだと思う、他に無い。ただ私的にお薦めの作家さんが、のっていなくて淋しい。デニス・ルヘインレヘインは、統一した方が良いと思う。

  • HANA さん

    古今、古くはホームズ、クリスティから近くは『ゴーン・ガール』『その女アレックス』まで海外ミステリ百作を紹介した本。古典からキャラ物、北欧等と分類されてどのカテゴリにも興味を持たされる。やはりこの手の本は危険で、読んでいるうちに次から次へと読みたい本が増えて行ってしまう。とりあえず紹介されている中で積んである本、早く読んでしまわないとなあ。ただミステリという形式上わずかでもネタバレになる危険性は避けられており、本の雰囲気だけの紹介だけになっているのも多々あり。その雰囲気は雰囲気で読む気にさせられるんだけど。

  • ナミのママ さん

    海外小説を読みたいな思いつつ、小さな書店にはあまり置いていないし。年末のベストテン雑誌で見る以外あまりよくわからず。図書館も本館に行かないとないし。新刊は文庫でも高いし。古書はなぜかボロボロのモノが売られているし。・・・・とグチグチ悩むくらいならちゃんと調べようと購入しました。ちょっと面白いジャンルにわかれた100冊が掲載されています。かなり古い刊行のものもありました。何冊も翻訳されている作者のものは、シリーズが多いようですね。秋、神田古書街に探しに行く楽しみが増えました!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド