「オバマの嘘」を知らない日本人 世界は「米国崩壊」を待ち構えている

日高義樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569820279
ISBN 10 : 4569820271
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
追加情報
:
250p;20

内容詳細

「尖閣を守る」を信じてはいけない。米国民の61%がオバマは嘘をつくと考え、ワシントンの軍事専門家の多くは「ウクライナの次に危ないのは日本」だと言い始めた!

目次 : 第1章 米・中のバブル崩壊は先送りされる/ 第2章 ロシアがアメリカの核戦略を打ち破った/ 第3章 プーチン大統領は北方領土を返さない/ 第4章 オバマ大統領は戦争を始められない/ 第5章 アメリカがアメリカでなくなる/ 第6章 ヨーロッパがアメリカから離反する

【著者紹介】
日高義樹 : 1935年、名古屋市生まれ。東京大学英文学科卒業。1959年、NHKに入局。ワシントン特派員をかわきりに、ニューヨーク支局長、ワシントン支局長を歴任。その後NHKエンタープライズ・アメリカ代表を経て、理事待遇アメリカ総局長。審議委員を最後に、1992年退職。その後、ハーバード大学客員教授、ケネディスクール・タウブマン・センター諮問委員、ハドソン研究所首席研究員として、日米関係の将来に関する調査・研究の責任者を務める。1995年よりテレビ東京で「日高義樹のワシントンリポート」「ワシントンの日高義樹です」を合わせて199本制作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふぇるけん さん

    通常の新聞報道等ではわからない、オバマ大統領の失策、議会との確執などが浮き彫りになる。安全保障面での米国の覇権が揺らいでいることはほぼ明らかとなっているが、外交面でも多くの国で大使が不在になっていたり、人材不足の感が否めない。日本としても、特に安全保障面で米国頼りの考え方から早急に脱却しなければならないことを痛感した。

  • telephone さん

    アメリカが変質していることが時間できた。日本にとっても怖いことだ。

  • だろん さん

    オバマ政権による米国政府のウリナラ化が著しい。日米安全保障条約の陳腐化は日本にとって危機だが、この危機に乗じて日本の国防のありかたを国民レベルで見直し、日本の核保有を検討すべき時がきている。そうすることで米国および国際社会に日本には一石を投じる役目がありそうだ。

  • jack さん

    恐ろしい時代になるんだろうか。共和党には、がんばってほしい。☆4.2

  • ポチ さん

    面白かった。長年、アメリカの政界を取材してきた著者の豊富な知識に裏打ちされた、深い考察。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

日高義樹

1935年、名古屋市生まれ。東京大学英文学科卒業。1959年、NHKに入局。ワシントン特派員を皮切りに、ニューヨーク支局長、ワシントン支局長を歴任。その後NHKエンタープライズ・アメリカ代表を経て、理事待遇アメリカ総局長。審議委員を最後に、1992年退職。その後、ハーバード大学客員教授、ケネディスク

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品