立正安国論

日蓮

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784944235087
ISBN 10 : 4944235089
フォーマット
出版社
発行年月
2002年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,126p

内容詳細

700年余り前、危機に直面した日本。さらなる危機を予見し、どう生きるべきか考え抜いた男がいた。そして現代日本の危機。この一書に現代が読める。

目次 : 第1問答 災難の原因について語り合う/ 第2問答 災難の原因を経典に求める/ 第3問答 謗法の実情について問答する/ 第4問答 謗法の人と法について問答する/ 第5問答 災難の実例について問答する/ 第6問答 上奏することの是非について問答する/ 第7問答 災難の対策について問答する/ 第8問答 謗法の禁断について問答する/ 第9問答 謗法の退治と立正安国について語る/ 第10問答 客の領解

【著者紹介】
斎藤信雄 : 1948年東京神田生まれ。青山学院大学経営学部卒業。卒業後料理の道を志し、1981年にフランス料理店を開店。オーナーシェフとしてヘルシーな創作料理を数々生み出し、テレビ東京「TVチャンピオン」などに出演。1988年自ら閉店し、「在家日蓮宗浄風会」教学院の研究員となり、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

日蓮

1222‐1282。鎌倉時代の仏教の僧。日蓮宗(法華宗)の開祖。12歳で出家し、数々の経典を学んだ末に法華経がもっとも正しい教えであると説き立宗。幕府に建白書として『立正安国論』を提出するも、その排他的な内容を危惧され流罪となる。その後も粛々と布教にはげむが享年61歳で死去(本データはこの書籍が刊行

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品