クイズ迷宮美術館 アートエンターテインメント スペシャル版

日本放送協会

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309271408
ISBN 10 : 4309271405
フォーマット
出版社
発行年月
2009年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
26cm,95p

内容詳細

名画の誕生秘話や画家の意外な素顔が、86のクイズになった。知的興奮を刺激する1問1答形式のクイズと「答え+解説」で展開しつつ、従来どおり「見る・読む」も充実の、まったく新しい美術本。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ハイク さん

    絵画にはエピソードがあり、それを知るのも興味が湧く。絵画展には出来る限り行く。伊藤若冲の展覧会が印象深い。その中で「動植綵絵」は特に記憶に残っている。赤の色に圧倒された。鶏が今にも絵から飛び出しそうだった。ゴヤの「裸のマハ」「着衣のマハ」もプラド美術館で観て印象が深い。またミレイの「オフィーリヤ」も良かった。モデルを水風呂に横たわらせ描いたという。日本の画家では岸田劉生の「麗子微笑」である。麗子の存在感に圧倒される。この前ルノワールの「都会のダンス」を観た。モデルを後に妻となる恋人に代えさせたという。

  • れみ さん

    様々な切り口で絵画に隠されたエピソードを明らかにするテレビ番組「迷宮美術館」の本。これはシリーズの最後のスペシャル版で、第1〜5集までで紹介された作品やエピソードもたくさん織り込まれたクイズ形式。最近読んだものも多いのに結構忘れちゃってた^^;シリーズ通して、今まで知らなかったような画家やその作品そしてエピソードをたくさん知ることができて良かった。

  • まるりー さん

    「怖い絵2」を読んだ流れで。「怖い絵2」で見た絵、雑学もあり、それ以外にも有名な絵、画家さんはたくさんいるのだなあと再認識。クイズを楽しむ本なんだろうけど、ほとんど答えを見ながら読んじゃったな(^^;

  • 千尋 さん

    NHKでおなじみ『迷宮美術館』の本*この本では、クイズ形式に有名な絵画や美術品などをユニークに紹介しています**美術の雑学として楽しめます**

  • あまおと さん

    いろんな絵画にまつわる物語が、さっくり読めます。絵を見てるだけでも楽しいす。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

日本放送協会に関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品