超能力篇 予知の悲しみ / 闇に告げる声 Sfショートストーリー傑作セレクション 第二期

日下三蔵

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784811327532
ISBN 10 : 4811327535
フォーマット
出版社
発行年月
2020年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
251p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マツユキ さん

    『超能力』をテーマにしたアンソロジー。 収録作品は、ニュースキャスターに起こった異変『超能力』(星新一)、知人の予知能力を知り…『予知の悲しみ』(小松左京)、友人異変『影』(都筑道夫)、消えた家で少年が残したノート『赤ん坊暴君』(平井和正)、中学生のエスパーたち『闇に告げる』。 超能力は、本人にとっても、自分にとっても、厄介なものですね。どの作品も後味悪いかったです。超能力なのか?と思いつつ、『影』が好みでした。

  • メイロング さん

    宇宙編より古びていて、劇中劇を見ているような隔たりを感じる。超能力ものが廃れたわけでもないのに。「闇につげる声」など、超能力集団に人の力で戦おうとするスパイ組織のほうに感情移入する。どれも結末が投げっぱなしブった切りぽいのは、物語のタガが外れてしまうほど、超能力が何でもありすぎるせいじゃないかな。

  • ケン さん

    星新一の「超能力」、小松左京の「予知の悲しみ」、都築道夫の「影」、平井和正の「赤ん暴君」、筒井康隆の「闇につげる声」のSF短編5篇が収録。人が得た超能力によって、バッドエンドを迎える作品が多い。最近の超能力バトルモノ(マンガ小説問わず)もこういった作品の流れの先にあるのかもしれない、と解説を読みながら思った。個人的には赤ん暴君と闇につげる声が面白かった。

  • 梨 さん

    「これが傑作選なの?」という印象。全編読んだが楽しめたのは「闇につげる声」くらいか。結末・オチがない話ばかりで結果ほとんどが印象に残らなかった。

  • わんだら さん

    全体の半分を占めている「闇につげる声」(筒井康隆)は読んでるはずなのだが、すっかり記憶から消えていて改めて楽しめた。なるほど、言われてみれば『七瀬ふたたび』との類似が認められて、そういう意味でも楽しい。「影」(都築道夫)は初読。「影をなくした男」(シャミッソー)を読み返したくなった。超能力少年ものというと眉村卓かと思うのだが、ジュブナイルは中長編になるからなのか、入ってないのが意外といえば意外であった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品