遠野物語と柳田國男 日本人のルーツをさぐる 歴史文化ライブラリー

新谷尚紀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784642059565
ISBN 10 : 4642059563
フォーマット
出版社
発行年月
2022年08月
日本
追加情報
:
218p;19

内容詳細

日本民俗学の出発点『遠野物語』は、山姥や河童・ザシキワラシ、犬・猿・馬などが登場し、臨死体験、神隠しなどの不思議な経験を伝える。伝承にひそむ古来の生活様式やものの見方を知り、日本人の歴史的変遷を探る。

目次 : 柳田國男と『遠野物語』―プロローグ/ 異世界の住人たち―山人・山女・山姥(山人/ 山女・山姥)/ 跋扈する妖怪たち―ザシキワラシと河童(ザシキワラシ/ 河童)/ 動物たちの物語―狼と猿(御犬・狼/ 大猿)/ 神々の来歴―地勢と信仰(遠野郷の地勢/ オシラサマ)/ 『遠野物語』はどう読まれてきたか(現代史の中の『遠野物語』/ 一九六〇〜二〇〇〇年代の『遠野物語』)/ 柳田國男と『遠野物語』と日本人―エピローグ

【著者紹介】
新谷尚紀 : 1948年、広島県に生まれる。現在、国立歴史民俗博物館名誉教授、国立総合研究大学院大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • パトラッシュ さん

    三島由紀夫と同じく『遠野物語』は文学として読んできたが、各エピソードの背景にある伝承や信仰について知っていくと、日本は単一民族国家などと放言する愚かさを思い知らされる。人命は鴻毛より軽く、ザシキワラシや河童などの異形を隣人とし、狼や猿と交流してきた「山の民」の生活や考え方が、そう遠くない時期まで受け継がれていた。日本とは最初から多くの文化が並存していた四つの島を、政治的経済的な要請から強制的に同一化され生まれたのだ。そんな日本と日本人を考える際、柳田の本が異議申し立ての補助線とされてきた事情が見えてくる。

  • tamami さん

    興味関心を惹くテーマの一つに民俗学がある。本書は、前半部分で民俗学の創始者である柳田國男の最初の著作である『遠野物語』について、登場する山人、山女といった異世界の住人や妖怪たち、また動物たちについて、関連する多くの論考を参照しながら考察している。後半は『遠野物語』の中に、日本人生成の歴史的経緯から見る、多文化主義ともいえる柳田の真意があったのではないかとする。「物語」に登場する物の怪?たちの解説はやや冗長の感があるが、後半の、「物語」は列島の先住民、少数民族への先駆的な注目であったとの考えは、印象に残る。

  • yamahiko さん

    福井での講演の際、著者が何に苛立っていたのか本書を読み氷塊しました。民俗学は変遷を丹念に追跡する比較研究法によって立つ学問であるべきであり、エスノス論を振りかざしわかった気になっては、決して真実は見えないということだったのですね。

  • takao さん

    ふむ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

新谷尚紀

1948年、広島県に生まれる。早稲田大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得。国立総合研究大学院大学・国立歴史民俗博物館名誉教授。社会学博士(慶應義塾大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品