新村出随筆集 平凡社ライブラリー

新村出

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582769104
ISBN 10 : 4582769101
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
新村猛 ,  
追加情報
:
264p;16

内容詳細

『広辞苑』をつくった言語学者が、神話、平安文学、南蛮交易記録、キリシタン文学、童謡、俚謡、俳諧、昔話などから読み解く、古代から現代へと至るいきいきとした「ことば」の姿。「私の教養の中心」と語った神保町を描いた「日本のカルチュア・センター」、自らの学問人生を振り返る「私の信条」「夢に生きる」「わが生涯を顧みて」を併録。

目次 : 海賊の話/ 南蛮に関する俚謡その他/ 異国俳趣記/ ちゃるめら/ 昴星讃仰/ 星夜讃美の女性歌人/ ふれふれ粉雪/ 雪のサンタマリヤ/ わたくし雨/ 公孫樹文学/ 桃太郎物語/ 柿の葉/ 雲雀随筆/ 犬三題/ マレーの虎/ 高原定語/ となり/ じゃがいもの話/ 蚊帳ごしの花嫁/ ニッポンかニホンか/ 老人と女性/ 随筆の名義/ 日本のカルチュア・センター/ 私の信条/ 夢に生きる/ わが生涯を顧みて

【著者紹介】
新村出 : 言語学・日本語学者。1876年山口県生まれ。東京帝国大学文科大学博言学科卒。京都帝国大学教授(退官後名誉教授)、文学博士、帝国学士院会員。日本における言語学・日本語学の確立に貢献、西洋言語学説の紹介、国語史、キリシタン版による南蛮研究などその業績は幅広く、国語辞典『広辞苑』編纂者として著名。1956年、文化勲章受章。1967年歿

新村猛 : フランス文学者。新村出の次男。1905年東京生まれ。京都帝国大学文学部仏文科卒。名古屋大学文学部教授(退官後名誉教授)。出と共に『広辞苑』を編纂し、出の歿後も改訂に尽力した。1992年歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

新村出

言語学・日本語学者。1876年山口県生まれ。東京帝国大学文科大学博言学科卒。京都帝国大学教授(退官後名誉教授)、文学博士、帝国学士院会員。日本における言語学・日本語学の確立に貢献、西洋言語学説の紹介、国語史、キリシタン版による南蛮研究などその業績は幅広く、国語辞典『広辞苑』編纂者として著名。1956

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品