Les Miserables 1 ゲッサン少年サンデーコミックス

新井隆広

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091245366
ISBN 10 : 4091245366
フォーマット
出版社
発行年月
2013年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
249p;18

内容詳細

世界的超大作、完全漫画化!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 寺(東京大学学長) さん

    『レ・ミゼラブル』漫画版。この夏、本屋で3巻が並べられているのを見てこの漫画の存在を知った。小説も映画もAVも洋モノが苦手な私が唯一好きな洋モノはこれである。と言っても、みなもと太郎の漫画版と鹿島茂『「レ・ミゼラブル」百六景』しか読んだ事がない私。この漫画は岩波文庫の豊島与志雄訳を原作にしたもの。ジャンの境遇やミリエル司教の人となりをきちんと知る事ができた。この二人の関係は吉川英治『宮本武蔵』での武蔵と沢庵に踏襲されているのだろう。許されるシーンに涙ぐんでしまった。絵も華麗で見事。続けて読もう。

  • yukari さん

    ご存知、「レ・ミゼラブル」のマンガ版。とてもドラマチックに丁寧に書かれているので、ある意味で原作よりも感情移入しやすいかも。小学生の時に「ああ無情」を読んで以来で実はストーリーの記憶が曖昧なので、ぜひこの作品でラストまで読み返したい。

  • 鈴木松司(すたんど) さん

    【1回目】ジャン・バルジャンの投獄と出獄、ミリエルとの出会いと回心までを描く。マンガならではの表現を用いた、新井隆広さんの画力に圧倒される。▼ジャンは1769年、ナポレオンと同年に生まれてたんですね。1815年に出獄してミリエルに出会った時、既に46歳という計算になります。それまでの19年間は獄につながれて・・・。憎悪と復讐心に飲み込まれるものの、ミリエル司教の魂に触れ、救われていく様は、コミックならではの表現です。第2巻はファンティーヌの初恋を描くそうです。それも楽しみ!

  • へーた さん

    映画がすごく良かったのと、作者が割りと好きなので読んでみましたが。。当たりでした!映画よりも細かく丁寧に描かれていて、分かりやすく面白かったです。先がだいぶ長くなりそうですが、頑張って追い続けようと思います。

  • JACK さん

    ◎ 18世紀末のフランス国民は豊かな貴族と聖職者、貧しい平民の3つの階級に別れていた。枝切り職人の家に生まれた青年ジャン・ヴァルジャンは姉と7人の子供を育てるために働くが仕事が無い。ジャンは餓えた子どもたちのためにパンを盗んで逮捕される。たった1つのパンを盗んだ罪に対する罰は懲役5年。納得出来ない彼は何度も脱獄を企て、刑期が伸び、出所したのは19年後。人間が歪んでしまうのに十分な長さの刑期だった…。重くて深い。司教との出会いで彼がどう変わったのか2巻が楽しみです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

新井隆広

1982年、神奈川県出身

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品