LES MISERABLES7 ゲッサン少年サンデーコミックス

新井隆広

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091270405
ISBN 10 : 4091270409
フォーマット
出版社
発売日
2016年03月11日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
210p;18

内容詳細

ついに始まった長き長き革命の一夜。

運命を嘆く者、運命に絶望する者、運命を切り開こうとする者…
それぞれの思惑を胸に抱きパリーの中心コラント亭へと集う。
マリユスとヴァルジャンもまた、防塞にて思わぬ再会と別離を果たし…
自由と平等を求めた若き革命家たちの戦いの行く末は…!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • daiyuuki さん

    今回は、革命。映画などでは描かれなかったジャベールの意外な過去、ジャン・バルジャンとガブローシュの活躍、ABCの会のメンバーの壮絶な死、エポニーヌの健気な献身と最後、いよいよ次巻で完結かもしれないけど、少し描き方が急ぎ足のような。

  • getsuki さん

    表紙そのままにアンジョーラと同志たちの情熱が迸る巻。それだけにラストが……あぁ……。

  • へーた さん

    アンジョの散り際、素敵でした。。

  • コリエル さん

    革命。闘士たちが人々に星の光を投げかけるように、自由への志を見せつけて死んでゆくシーンたちもよいが、やはりここでもエポニーヌやガヴローシュやマブーフといった弱き市民の死が響く。エポニーヌはホント純愛の徒だなあ…

  • nakayoshi さん

    哀れなエポニーヌに眩しいガブローシュ。何であんな両親からこの二人が生まれてきたのやら。「おいらに命令できるのは おいらだけ」ってセリフが好きです 。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

新井隆広

1982年、神奈川県出身

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品