完全版 韓国・フェミニズム・日本

斎藤真理子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309028378
ISBN 10 : 4309028373
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
225p;21

内容詳細

ベストセラー小説『82年生まれ、キム・ジヨン』の著者チョ・ナムジュによる傑作短編「家出」、シンガー・ソングライターのイ・ランによる初邦訳作「手違いゾンビ」、新世代のフェミニスト作家ユン・イヒョンの代表作「クンの旅」、性暴力をめぐり社会の現実を克明に暴くパク・ミンジョン「モルグ・ジオラマ」など、韓国文学の最前線をいち早く紹介!さらに、いま韓国で最も注目を集め、未来の文学を担う作家ファン・ジョンウンとチェ・ウニョンのふたりによる、本書のための書き下ろしエッセイを収録。他にも大注目の書き手たちによる書き下ろしと特別企画を加え、「文藝」の特集「韓国・フェミニズム・日本」がさらにパワーアップした、『完全版 韓国・フェミニズム・日本』としてここに誕生!

目次 : 巻頭言 未来から見られている/ 小説/ 特別寄稿/ 対談 世界文学のなかの隣人―祈りを共にするための「私たち文学」(斎藤真理子/ 鴻巣友季子)/ エッセイ/ 論考/ 特別企画

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • アマニョッキ さん

    「この先は韓国文学をもっと読んでいきたいです」と先日読書会で公言した身としては、この作品の感想レビュー一番乗りはとっても嬉しい!タイトルに「フェミニズム」と入っていますが、韓国文学をフェミニズムだけで語ってしまうのはとても勿体ないと思うのです。短編小説、エッセイ、論考と内容盛りだくさんな本作ですが、なかでも姜信子さんの論考「極私的在日文学論」は必読かと。そしてわたしも豊崎由美さんと心同じく、斎藤真理子さんについていきます。まじで天才やと思うの。

  • りつこ さん

    「フェミニズム」と言われると腰が引けてしまう。見たくない嫌なものを見せられるのではないかという恐れは、例えばヘイトスピーチは聞きたくもないし議論もしたくないという気持ちに通じるものがあるかもしれない。ちょっとびくびくしながら読んだけど収められた作品はとてもナイーヴで身近で…「シングルストーリーではない」「多重性」という言葉が鴻巣さんと斎藤さんの対談の中に出てきたけれど、それがちゃんとあったのが良かった。現代K文学マップはまさに宝!読みたい本がまた増えた。

  • コニコ さん

    話題の本「82年生まれ、キム・ジヨン」を読書会で取り上げようと思い、参考にこちらも手に取ってみました。韓国文学といってもだいぶ前に「由煕」を読んだだけで、初心者の私には、よいガイドブックになりました。フェミニズムに限らず、歴史を紡ぐ文学の中には豊かな世界があり、オススメ本も是非読んでみようと思います。翻訳界を代表する斎藤真理子さんと鴻巣友季子さんの対談「世界文学のなかの隣人」が俊逸。その中で、「三つ編み」と「キム・ジヨン」の比較が説得力があり、印象的でした。

  • 葉々(よよ) さん

    チョ・ナムジュ「家出」は、家長の不在をテーマにした作品。こうあるべきという思想に捉われることなく自分らしくあれということだろうか、男性にも読んでほしいなと思いました。あなたが頑張らなくても家族は大丈夫。他のエッセイも秀逸で、特に翻訳家の斎藤真理子と鴻巣友美子の対談は韓国文学の道案内になっていて、読みたい本が増えました。『82年生まれ、キム・ジョン』の直接的な文体と翻訳文学という距離感が今回のヒットにつながったということです。日本の話として読まれるにはフィクションとテーマの明解性が必要なのかなと思いました。

  • kibita さん

    自分が韓国文学に惹かれる理由に改めて思い当たった。小説という世界の中で、他人の人生をひと時共に見、生きながら、「皆が感じていても黙っていた違和感みたいなもの」に気づいていく。斎藤真理子さんはじめ韓国語翻訳者の方々には、今後も素敵な作品を待っています、と伝えたい。掲載の短編、寄稿もとても良かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品