斉藤和義
新商品あり チケット受付中

斉藤和義 プロフィール

斉藤和義 | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

斉藤和義

斉藤 和義(さいとう かずよし、1966年6月22日 - )は、日本のシンガーソングライター。O型。身長181cm。

栃木県下都賀郡壬生町出身。作新学院高等学校卒業。山梨学院大学商学部中退。

略歴

  • 山梨学院大学を2年で中退。地元に戻っていた21歳の時、友人から「東京で一緒に音楽をやろう!」と誘われたのがキッカケで単身上京。
  • 1992年にTBSのオーディション番組『星期六我家的電視・三宅裕司の天下御免ね!』へ出演(5週勝ち抜き)した後、1993年に「僕の見たビートルズはTVの中」でデビュー。
  • デビュー当時のキャッチフレーズは、フォークシンガーを思わせる『四畳半じゃ狭すぎる』というものであった。
  • 1994年、3rdシングル『君の顔が好きだ』が、大阪を拠点とするFM802の3月の邦楽ヘビーローテーションに採用され、これをキッカケに関西圏での知名度が上昇する。
  • 1994年、「歩いて帰ろう」がフジテレビ系子供番組『ポンキッキーズ』で使われた。
  • 1995年に同年代の一般女性と結婚。ライター活動を行っていた夫人との出会いは雑誌の取材現場。

デビュー15年目以降

  • デビューから15年目の2007年から2008年にかけては一気に知名度が高まった。2007年は、リクルート社『ゼクシィ』に作ったテレビCM曲「ウエディング・ソング」が話題になり、UHA味覚糖「e-maのど飴」のテレビCM曲に「愛に来て」が起用された時は本人もCMに出演した。2008年5月からは、武田薬品工業の「アリナミン」CM曲を担当、ブランドCM曲「おつかれさまの国」と「どんなに頑張ってみても」のフレーズの商品C…

    出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%