クリスマスがちかづくと 福音館創作童話シリーズ

斉藤倫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834083637
ISBN 10 : 4834083632
フォーマット
出版社
発行年月
2017年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
56p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おたけஐ೨💕⛄ さん

    83/100点 クリスマスの時期に読みたいと思い、手に取った作品。クリスマスが近づくとお父さんは帰ってこなくなり、いつも寂しい思いをしていた息子のセロ。それには理由があったのです。ホントお父さんの仕事にはビックリ。少し切なさもありましたが温もり溢れるストーリーと、くりはらさんのイラストも素敵なクリスマス物語でした。

  • seacalf さん

    斉藤倫さんは無条件で好き。クリスマスが近づくまで未読で取っておいた一冊。「ええっ!」と驚く設定なのだが、そこは倫さん、まろやかに話を紡いでくれて楽しい。詩人ならではの言い回しや表現がやっぱり大好き。短い話だけど、心はほくほくと満足。

  • ベーグルグル さん

    クリスマスになると両親が不在で毎回寂しい思いをしているセロ。お父さんがクリスマスに留守なのは理由があって、それを分かったセロが一つ成長した姿が素敵だった。こんな思いをしている子供は多いだろうなぁ。私自身、クリスマスっていう家庭でなかったのでプレゼントを貰った事もないし、違う意味で寂しかったかも。

  • みい坊 さん

    セロのお父さんはサンタクロース。だからクリスマスの夜はいつもお父さんがいない。自分だけいつも寂しいクリスマス。クリスマスはいらないと感じていたセロがジュナに出会って変わっていく後半、とても良かった。「家族でも無いのに、どこかで、だれか、見守ってくれる人がいる」。いくつになっても、きっと・・少しだけ感傷的になって、とても暖かい気持ちになりました。サンタクロースのソリに寄り添って夜空を駆ける小さなソリ、今年のクリスマスにはその姿を思ってみようなんて思っています。

  • yumiha さん

    怖すぎる本を読んだ後は、心穏やかになれる本がいいと選書。クリスマス前の読み聞かせにいいかもしれない本書。ハローウィンが過ぎれば、街はクリスマス色に染め上げられる。でも本書の主人公のセロは、憂鬱な気持ちでクリスマスを迎える。だってデパートで働くお母さんにとっては稼ぎ時だから、不在が続く。お父さんも何やら留守が続く。お父さんの仕事を知った時、セロは・・・。両親のいないクリスマスの寂しさ。街じゅうが浮かれているだけに、よけい辛い。そして、ラストは心温まる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

斉藤倫

1969年生まれ。詩人。2004年、詩集『手をふる手をふる』(あざみ書房)でデビュー。2014年『どろぼうのどろぼん』(福音館書店)で日本児童文学者協会新人賞、小学館児童出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品