摩天楼オペラ
チケット受付中

摩天楼オペラ プロフィール

摩天楼オペラ | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

摩天楼オペラ

摩天楼オペラ(まてんろうオペラ)は、日本のヴィジュアル系メタルバンド。

概要

2007年春、元Jenivaの苑と悠を中心に結成。ヴィジュアル系のシーンの中では珍しくキーボードを要した5人編成によるバンド。バンドコンセプトは「現代的なものと伝統美の融合」。シンフォニックメタルから影響を受けたバンドサウンドと高い演奏力、ボーカル苑の高音とビブラートが特徴。楽曲においてはシンフォニックメタルを軸にした曲が多く、メンバーのほとんどがメタルを好んでいる。 バンド名の由来は、ボーカルの苑が見ていたアニメ『BLOOD+』のサブタイトルから。意味は「摩天楼は現代にしかなく、重いロックやデジタルサウンドを表していて、オペラは昔からの綺麗な音楽、ピアノやクラシックを表している」であり、そのままバンドコンセプトに直結する。 2007年、結成初ライブを浦和ナルシスで行う。その後、同年12月23日にメンバーチェンジ、2008年1月1日からSherow Artist Societyへの所属。同じ事務所のVersaillesとのカップリングツアーでヨーロッパ5カ国6公演を成功させた。2010年12月22日、アルバム『Abyss』の発売を以てキングレコードよりメジャーデビューする。

2012年9月7日からはニコニコ生放送で苑とAnziがMCを務めるインターネット番組「摩天楼オペラdeナイト」が放送開始。

メンバー

  • (ソノ、12月18日 - ):Vocal
    jenivaの元メンバー。血液型O型、北海道札幌市出身。バンドリーダーで、バンドの殆どの楽曲の作詞を手掛けている。摩天楼オペラというバンド名も彼が考案し付けたものである。専門学校時代はMAKE-UPのヴォーカルの山田信夫から歌を習っていた。愛称は「お苑」「そのまん」。

%%message%%