荷風へ、ようこそ

持田叙子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766416091
ISBN 10 : 4766416090
フォーマット
発行年月
2009年04月
日本
追加情報
:
20cm,328p

内容詳細

快適な住居、美しい庭、手づくりの原稿用紙、気ままな散歩、温かい紅茶。永井荷風の作品における女性性や女性的な視点に注目し、今までにない、新たな荷風像とその文学世界を紡ぎ出す。〈受賞情報〉サントリー学芸賞社会・風俗部門(第31回)

【著者紹介】
持田叙子 : 1959年生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程、國學院大學大学院博士課程単位修了。近代文学研究者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • naoudo さん

    「荷風へ、ようこそ」「おうちを、楽しく」以外『三田文学』連載。荷風のしなやかな姿勢は、日本近代において先駆的に日常生活の充実を提唱し、みずから日々の平凡を楽しく詩的に生きてみせることにより、天皇制国家のゆるぎなき構築を推進する軍国全体主義にあらがい、個的存在の権利を死守しつづけた荷風の根幹の思想に支えられるものだと思う。荷風とつきあうには、こちらもぎこちない武装を解かなければ。身構えず、ひたすら感じなければ、荷風の文章とは向き合えない。そのように考え、荷風に似合うやわらかい文体で書くことをこころみました。

  • メルセ・ひすい さん

    国学院Dr.  文章表現・・ん・・Dr.   快適な住居、美しい庭、手作りの原稿用紙、気ままな散歩、温かい紅茶…。荷風作品における女性性や女性的な視点に注目し、新たな荷風像と、その文学世界を紡ぎ出す。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品