日中韓2000年の真実 扶桑社文庫

拳骨拓史

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594077020
ISBN 10 : 4594077021
フォーマット
出版社
発行年月
2017年03月
日本
追加情報
:
16

内容詳細

日本に文化を伝えてやったという嘘。戦争に関わることであれば、どんなことでも日本に責任があるという嘘。
尖閣・竹島が自国の領土と言い張る嘘。日本に対して嘘を主張し続ける中国と韓国に事実で反論。
中国・韓国では絶対に教えない真実の歴史を分かりやすく語る。
第一章 古代日本のウソ
奪われた高天原/自国の歴史に無知な韓国人/韓国を建国した日本人/日本は古代、韓国を凌駕していた/日韓ほぼ同時にはじまった鉄器の利用…
第二章 受容文化国のウソ
中国が驚嘆した日本の工芸品/芸術品としてあがめられた日本の品々/思想面からの中国を凌駕した日本/中国に伝承した日本の武術… 
第三章 戦争責任のウソ
中国が進める海洋覇権戦略/侵略される沖縄本島と真珠の首飾り戦略/不戦屈敵の恐怖/白村江の戦い〜中国を誘致した末路〜… 
第四章 領土問題のウソ
石油発見で始まった中国の主張/尖閣諸島の台湾帰属論/竹島問題は鬱陵島の帰属問題/沖ノ鳥島の危機/中国の最大の脅威にさらされる沖縄… 
第五章 日中韓

【著者紹介】
拳骨拓史 : 1976年生まれ。漢学、東洋思想、東洋史の研究を行い、名越二荒之助(元高千穂商科大学教授)、杉之尾宣生(元防衛大学教授)に師事。日本のみならず、中国・韓国などで論文や研究発表などを精力的におこない成果を挙げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • OROMO さん

    昔の人が偉大すぎて、志が高すぎて、正直読んでいる私の人間のなんとペラペラなことか、レベルの低いことかが感じられてしまった。日本も、もっと中国や韓国のことを知らないと、テレビ見てて隣国の反応を聞いたりしても、本当は何が起きているのかわからなくなる気がします。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

拳骨拓史

1976年生まれ。評論家。名越二荒之助(元高千穂商科大学教授)、杉之尾宜生(元防衛大学校教授)に師事し、漢学、東洋思想、東洋史の研究を展開している。中央乃木会理事、加藤友三郎元帥研究会副会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品