プロ野球「背番号」雑学読本 なぜエースナンバーは「18」なのか 文庫ぎんが堂

手束仁

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781671611
ISBN 10 : 4781671616
フォーマット
発行年月
2017年10月
日本
追加情報
:
252p;15

内容詳細

なぜ「1」のイメージは曖昧なのか。なぜイチローの「51」は昔から人気があったのか。なぜ名監督は「77」を選ぶのか。なぜ大谷翔平は「11」をつけたのか。なぜ掛布の「31」は定着しなかったのか。なぜ沢村栄治の「14」は永久欠番なのか。なぜ巨人の「8」「55」は永久欠番ではないのか。「伝説の背番号」や、球団別「名物背番号」の系譜、背番号がつくった「球界の伝説」など、「背番号」にまつわるマル秘エピソードが満載。

目次 : はじめに なぜ「プロ野球通」は背番号に注目するのか/ 第1章 「プロ野球通」だけが知る背番号の謎/ 第2章 「伝説の背番号」をつくった男たち/ 第3章 球団別「名物背番号」の系譜/ 第4章 「永久欠番」をめぐる人生劇場/ 第5章 背番号がつくった「球界の伝説」

【著者紹介】
手束仁 : 愛知県生まれ、1981年、國學院大學卒。スポーツジャーナリスト。『高校生新聞』特派記者などを務める一方、2012年、編集制作プロダクションとメディアミックスの株式会社ジャスト・プランニングを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おくりゆう さん

    正直、またやってしまった…という嫌悪感しか残らなかったです。前にこの方の本を読んだ時、二度と読まないと思いましたが、今回も誤記はあるし、単行本から時間が経って加筆しているところとしていないところの差がデコボコで目立つ…。もう今度こそこの方の本は読みません。

  • ごいんきょ さん

    プロ野球が面白くなる雑学です。 カープの選手がもっと登場すれば良かったのにな。

  • へいがぁ さん

    雑な編集と校正です。タイミングとしてもきっちり加筆訂正をした上で、ドラフト後に出すべきだと思います。

  • イチゴタルト さん

    背番号にも歴史がある。それぞれの球団は期待の選手に特定の背番号を贈呈する。そして語り継がれ継承されていく。全体的に背番号について書かれているが所々間違っているのが悲しい。p170 「佐竹が引退し、13年からはドラフト1位で三重中京大から入団した則本がつけることになった」まず2013年のドラフト1位は松井裕樹。則本は2012年ドラフト2位で1位は東福岡の森雄大。ここを間違えるかね。

  • 笛吹岬 さん

    背番号の本は、しょせん本当らしい物語に過ぎないと思いつつ、ついつい手を出してしまう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

手束仁

愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け刊行しヒット。同年に『都立城東高校甲子園出場物語―夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデ

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品