W3ワンダースリー 手塚治虫トレジャー・ボックス

手塚治虫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336054739
ISBN 10 : 4336054738
フォーマット
出版社
発行年月
2012年03月
日本
追加情報
:
4冊(セット) 26cm(B5)

内容詳細

野蛮で危険な地球を滅ぼすか存続させるか―銀河連盟はその答えを得るためにW3(ワンダースリー)と呼ばれる三人の調査隊を地球に派遣した。そこで出会った少年真一とW3の活躍と心のふれあいを描く、センス・オブ・ワンダーあふれる傑作SF。本セットでは未完となった「週刊少年マガジン」版を含むすべてのエピソードと、単行本未収録のシーンや扉を完全収録(全三冊)。さらに、連載時のカラー扉と手塚自筆によるアニメ版の貴重な資料を別巻に掲載。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
手塚先生の最も脂の乗り切った時期の傑作、...

投稿日:2012/04/02 (月)

手塚先生の最も脂の乗り切った時期の傑作、待望の、待望の掲載当時そのままの完全オリジナル版、ついに発売。少年サンデー掲載当時、リアルタイムに読んでいた小学生が「がつんと」受けたラストの衝撃と感動がまざまざとよみがえりました。また、宇宙少年ソラン事件(豊田有恒氏が、宇宙リスのキャラクタを盗用した、しないとのことでもめた)により、連載が中断した少年マガジン版の再録もうれしいが、よく、あの忙しい中で、設定を切り替えサンデー版に作りかえたものだとおどろかされる(、、がブラックジャック連載時、毎回3つのストーリーを編集者に提示し、そこから選んだ1編を作品化したとのエピソードからするに、手塚先生にとっては朝飯前のことだったのだろう)。複数の連載を同時並行で抱えながら、この入り組んだSFスパイアクション人情喜劇であり活劇を、当たり前のようにものにした手塚治虫、やはりやはり巨大、としか言いようが無い。

nasso さん | 岩手県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ホームズ さん

    オリジナル版ということで他に単行本に収録されているものよりも絵がぶれて言うというか当時の印刷技術そのままなのかな〜って感じでした(笑)広告もあったりして面白かった(笑)こういった物は良いんですけど値段が高すぎるんですよね〜。

  • Takafumi Furukawa さん

    何かの本で「手塚治虫の中でも最高のオチ」と聞き、読んでみた。テーマはとても重く、地球環境に大きな関心を持っていた手塚治虫らしいテーマを、可愛らしい動物にデフォルメされたキャラクタで軽妙に語る。

  • にし さん

    ストーリーは昔のマンガらしく(?)ごちゃごちゃしていたけど、著者も自信があったという最後のギミックは驚いた。雑誌そのままのようなあおり文句付きの立派な装丁だった。別巻も既読。

  • わとそん さん

    おもしろい

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

手塚治虫

1928年、大阪府生まれ。大阪大学医学専門部卒業。医学博士。1946年「マアチャンの日記帳」でデビュー。戦後ストーリーマンガのパイオニアであり、常にその牽引者として創作活動を続けた。89年2月9日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品