スペシャリスト3‐4 角川文庫

戸田山雅司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041033586
ISBN 10 : 4041033586
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
253p;15

内容詳細

冤罪で服役中に犯罪者の心理や手口などあらゆるデータを記憶した「元受刑者」刑事の宅間。彼はその冤罪事件の犯人が同僚・千波の夫の殺害犯であることを探り当てたが、まだ謎が残ることに気づく。ある日、宅間は犯罪への出資を募るサイトを発見する。実在した凶悪犯に関連した事件が続発。捜査を進める中、宅間は大事な人に危険が迫ったことを察知するが―。話題の警察ミステリー、スペシャルドラマ第3&4弾小説化!

【著者紹介】
戸田山雅司 : 脚本家。早稲田大学在学中に「劇団第三舞台」に参加。1989年深夜番組『奇妙な出来事』で脚本家デビュー

相田冬二 : ライター/ノベライザー。日本映画を中心としたレビュー、インタビューを手掛ける。2007年から映画・ドラマのノベライズを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さといも さん

    面白い。やっとこの千波目線、宅間目線の急な変化にも慣れて来ました。〔連続ドラマの1話目をやっと見れたからだろう〕宅間の元奥さん可哀想。いつか元の家族に戻れたら…良いなぁ。連続ドラマのスペシャリストも本にならないかしら。

  • 五月のつつじ さん

    ドラマの宅間の飄々とした感じが好きで、ノベライズも楽しく読めました。連ドラをより楽しむのなら京都組のエピソードは必見だなぁと。脚本家佐神とのやり取りも好きだし、北本さんの残した虎の巻とか、1ー2の辺りも詰め込まれてて楽しかったです。

  • ねころびん さん

    連ドラを見ていて、スペシャリストにはまりました。宅間と佐神の対決をもっと見たいので、ノベライズも続編を待ってます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品