スペシャリスト 1‐2 角川文庫

戸田山雅司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041033579
ISBN 10 : 4041033578
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
266p;15

内容詳細

すべての犯罪データを記憶した男、宅間登場! 異色の警察ドラマ小説化!
冤罪で10年服役し、犯罪者の心理を知り尽くした「元受刑者」刑事の宅間善人。彼は記憶したすべての犯罪データをもとに難事件に挑む! 異色の警察ミステリー、スペシャルドラマ第1&2弾、待望のノベライズ!

【著者紹介】
戸田山雅司 : 脚本家。早稲田大学在学中に「劇団第三舞台」に参加。1989年深夜番組『奇妙な出来事』で脚本家デビュー

相田冬二 : ライター/ノベライザー。日本映画を中心としたレビュー、インタビューを手掛ける。2007年から映画・ドラマのノベライズを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • にゃるび さん

    いささか軽すぎる気もするが、ノベライズとしてはまずまず面白かった。ビジュアルは完全にドラマに寄っています。スペシャルももう一回見返したいな〜 宅麻の飄々としたキャラが大好きなので、連ドラかスペシャルでもう一回見たいな。

  • さといも さん

    連続ドラマになってから録画してるけど全く見れてないわぁ。なんか飄々とした演技が苦手なんだよね。でも小説で読むと面白かった。ちょっと主人公目線と千波さん目線に変わるのに戸惑いを受けました。

  • 北の親父 さん

    以前、TVで見て興味を持ちました。あまり、考えずに読めました。

  • 五月のつつじ さん

    連ドラの背景予習として。主人公の飄々とした感じが良いなぁと

  • りえぞお さん

    1ページに一箇所くらいツッコミどころがある稀有な本。どうしても時間つぶしの本が欲しくてパッと買ったらこんな事に。ちなみにドラマは見てません。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品