チケット受付中

戸次重幸 プロフィール

戸次重幸 | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

戸次 重幸(とつぎ しげゆき、1973年11月7日 - )は、日本の俳優・演出家・タレント。本名および旧芸名:佐藤 重幸(さとう しげゆき)。愛称はシゲ。所属事務所はCREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)。演劇ユニットTEAM NACS所属。北海道札幌市西区(現:手稲区)出身。血液型O型。身長173cm。妻は女優の市川由衣。

札幌市立手稲鉄北小学校・札幌市立手稲西中学校・北海道札幌手稲高等学校・北海学園大学工学部卒業。

略歴

札幌市手稲区で生まれ育つ。大学受験に失敗し、手稲高校卒業後の大学浪人時代にテレビで放送されていたブルーリボン賞授賞式にて、イッセー尾形の一人芝居「タクシーを待つ人」に魅せられ、受験をやめて役者になることを決意。その日のうちに親に宣言するも、「泣いて止められた」(本人談)ため大学へ進学した。進学先の北海学園大学では演劇研究会に入り舞台活動を始める。そこで大泉洋・安田顕らと出会い、1回限りのユニットTEAM NACSを結成。大学卒業後は東京に出て劇団の研究生として役者を続けるつもりだったが、留年中にTEAM NACSが再結成されどんどん大きくなってしまった。「東京からオファーを受ける」という森崎博之の夢に感化され、ローカルタレントをしながらNACSのメンバーとして活動を続ける道を選ぶ。

2000年に音尾琢真とともに、当時の所属事務所から移籍する形でCREATIVE OFFICE CUEに加入、タレント活動も並行して行う。1994-2002年には大泉・音尾・森崎らが所属している劇団イナダ組にも在籍していた。東京進出前の個人の活動としては、1997年から2005年までリポーターとして出演していた『どさんこワイド』(札幌テレビ放送)がある。一方、大泉たちが出演していた『水曜どうでしょう』(北海道テレビ)では本編には一切出演しておらず、「対決列島 〜甘いもの国盗り物語〜」の前後枠と、番外編「四国R-14」の出演のみにとどまっている。

2006年12月に母親が死去。亡き母への思いを込め、2008年1月1日より、母…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%