Fate/strange Fake 6 電撃文庫

成田良悟

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049129564
ISBN 10 : 4049129566
フォーマット
出版社
発行年月
2020年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
424p;15

内容詳細

 なんだか、街がざわざわしてる。
 風が、とってもじめじめしてる。
 こわいよう。こわいよう。
 何かこわいものがくるよう。

 何も変わらぬ街の景色。数時間前には各陣営の勢力が入り交じり、大立回りが繰り広げられたはずの大通り。だが戦禍の跡など微塵もなく、何事もなかったかのような街並みを前に、ただ呆然と立ち尽くす警官隊達とセイバー陣営。
 そこは幼きマスター・繰丘椿の夢の中。椿の魔術回路と繋がった『まっくろさん』によって生み出され、椿の願いを叶えるためだけに存在する閉じた世界。脱出方法を模索するセイバー達だったが……。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しぇん さん

    後半に入るというのは信じる事が出来ませんが、相変わらず濃い内容で面白かったです。各々の意思で参戦を決めた人達がどのような物語を描いていくのか楽しみです。あと、type moon世界のリンク多すぎだろ?というレベルで様々な物語と繋がっていっているのが面白いです。あと、衝撃の続きになっているので続刊早く出てくれると嬉しいですね

  • 真白優樹 さん

    死の騎士が生み出した椿の夢の中に囚われたアヤカや警官隊、フラット達が脱出を目指してもがく今巻。―――静死の世界で記憶は巡り、騎士は想いを謳い上げる。 世界そのものが敵の中、英雄問答を目撃したセイバーとアヤカが戦う理由を固め、椿と出会ったシグマは力を手に目的を見出す。戦争が少しずつ進む中、残る陣営も本格的に参戦する今巻。結界の内と外それぞれで事態が進行する中で交わされる剣戟と思い。待たされた分読み応えと面白さ抜群の巻である。少年の脱落、目覚める何者か。果たして次の戦局とは。 次巻はいつになるだろうか。

  • 金目 さん

    型月ごった煮ノベル6巻目。今回はペイルライダーの世界が中心。椿ちゃんが本当にいい子でしんどい。セイバー陣営とシグマ君がやる気を見せ始めたところで次回に続くと思いきや、フラット君がえらいことになって、まるで先の予想ができない。割とデュマは株を上げた。フランチェスカは完全に愉快犯っぽい。長らく設定だけは存在している●●●●●●だけど、ついに成田が2人目を登場させてしまったw2世やエルキドゥはFakeが先だけど、FGOや事件簿からのフィードバックもあるので、今後も楽しみです

  • わたー さん

    ★★★★★本当に後半戦に突入したのか、甚だ疑問ではあるが、ほぼ全編通しての繰丘椿と偽ライダー陣営の物語。偽ライダーの呪縛から逃れるためにはマスターである無垢な少女を排除するしかないという、聖杯戦争らしい展開は良かったが、その解決法はやや残念な結果だったかなと。ただ、そこからの偽バーサーカー陣営が激アツで良かった。世界線が違うとはいえフラット……

  • にぃと さん

    相変わらずの情報量の多さ。小ネタに対して知識が求められる作品で好き。個人的には「聖杯問答」が再び描かれてたのがよかった。そこのセイバーの受け取り方には同意で一概に騎士王を否定はできないよねって話。 前巻の引きで椿ちゃんの世界に取り込まれたチームも帰還。セイバーとアヤカも正式に契約しシグマくんも自分の目的を手に戦いの舞台へ。どっかで後半戦に入ったと聞いたんだけどまだ終わらなさそう。新キャラも出てきたし伏線もまだまだあるし。 それにしても最後の展開ハードすぎる…こんな胃に悪い状態で次の巻を待たなきゃないの?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

成田良悟に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品